【体が硬い人必見】産後のカチコチ下半身が柔らかく!現役ヨガ講師が実践した3つの方法

Adobe Stock

【体が硬い人必見】産後のカチコチ下半身が柔らかく!現役ヨガ講師が実践した3つの方法

筆者は妊娠中つわりがひどく、ヨガはもちろんストレッチもままならない状態でした。結果産後の体はそれまでヨガをやっていたとは思えないほど特に下半身がカチコチに。どのようにその状態から柔らかくかをお伝えしていきます。

人間の体はあっという間に硬くなる

妊娠前は約3年間、週に20本ほどヨガレッスンを行っていました。練習も含むとヨガに向き合っている時間はかなり長く、体の硬さはあまり感じることがありませんでした。しかし妊娠・出産とともに体を動かす時間や伸ばす時間がほぼなくなり、とにかくダウンドッグがつらい、キープしたくないと思うほどになりました。その状態から約2年経った今、特に固まっていた下半身も柔軟性を取り戻しています。同じく産後のママやヨガをやってもなかなか柔らかくならないと悩んでいる人にこそ試してみてくださいね。

カチコチ下半身の柔軟性をアップする方法とは?

(1)穏やかな呼吸を繰り返す

意外と忘れがちですが、ストレッチを行うときも穏やかな呼吸は欠かせません。なぜならば呼吸によって、心も体もリラックス状態になり、体を伸ばしやすくなります。ちょっとストレッチしたいなと思ったら、深呼吸を行ってからストレッチすることをオススメします。

(2)お風呂タイムを利用する

「痛い、つらい」が続くとストレッチやヨガをすること自体にマイナスイメージがついてしまいがち。そうならないためにも柔軟性がアップしやすいお風呂中・お風呂上りがねらい目です。湯船に浸かりながら少し前屈をしてみる、揉んでほぐしてあげると良いでしょう。

(3)ちょっとずつトライする

ダウンドッグの状態になり、足踏みをしてみると下半身が伸びてきてじわじわと柔軟性がアップしていきます。でも始めたばかりのころはそれも痛いなと感じるでしょう。そんなときはまずは10回繰り返すだけでOK。柔軟性は、ストレッチを一気に頑張ったからといって、一気に高まるものとは言えません。ゆっくりコツコツと行うことがポイントです。

ダウンドッグ
ダウンドッグの状態になり、片足ずつ足踏みをしてみましょう。下半身がじわじわ伸びてくることを感じられるはず。

焦らずゆっくり繰り返すことが一番の近道

大して変わらない!本当にこれでいいの?と焦る気持ちが出るときもあるかもしれません。そんなときこそ、深い呼吸を繰り返してできるときに伸ばしてみてください。必ず体は変わっていきますよ。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する