睡眠に最適な3つの「陰ヨガストレッチ」【中医学の知恵:陰のエネルギーを高めてぐっすり眠ろう】

睡眠に最適な3つの「陰ヨガストレッチ」【中医学の知恵:陰のエネルギーを高めてぐっすり眠ろう】

夜眠れないのは、あなたがしている何かが悪いのではなく、あなたがやめない何かが悪いのかもしれません。今回ご紹介する3つのストレッチは、その問題を解決するのに役立ちます。

深夜だというのにベッドの中で目が冴えて眠りたいと思う気持ちがどんなものか、誰もが知っていることでしょう。もちろん、それは無駄な抵抗です。眠ろうとすればするほど、帰って眠りが浅くなるものです。眠れないのは、ランチの後に飲んだダブルエスプレッソのせいかもしれないし、夜のヨガクラスで行った後屈のせいかもしれません。

あるいは、不眠の原因は、何かをしたかではなく、陰陽のエネルギーバランスを整っていないからかもしれません。その場合は、陰ヨガを行うことで、より良い睡眠をとることができます。

陰と陽とは何?

中国伝統医学(TCM)によると、宇宙のあらゆるものには陰と陽の性質があるとされています。陽の性質を持つものは、明るい、うるさい、熱い、直接的、活動的などの傾向があります。

陽は、火の要素として現れ、物事を実現することを意味します。陽は太陽です。陽はヴィンヤサヨガです。一般的に、陰であるものは、暗く、隠れていて、クールで、繊細で、静かである傾向があります。月は陰です。瞑想は陰です。陰は水の要素として現れ、より屈服し、身をゆだねる傾向があります。

どちらかが存在することで、もう一方が定義されます。本質的に陰であるものは、陰である他のものと関係しており、漢方薬の原理に通じるものがあります。

睡眠と陰陽の関係とは?

漢方医学では、生活の中の陰陽のエネルギーのバランスが取れていれば、人間は健康であると考えます。そして、バランスが崩れると、健康を害する可能性が高くなります。そこには必ずサインがあります。その症状を無視するのではなく、気にかけてみることで、根本的な原因が見えてきます。

陰陽のバランスが崩れるとよく見られる症状に、不眠症や睡眠不足がありますが、これは陽のエネルギーが多すぎたり、陰のエネルギーが少なすぎたりする場合に起こりやすい症状です。中国伝統医学では、エネルギーである「気」は、全身に張り巡らされた「経絡」を通って流れると考えられています。私たちがバランスを保つためには、これらのエネルギーラインが開き、バランスが取れている必要があります。

陰ヨガは不眠症にどのように役立つか?

中国医学では、眠れないことはバランスが崩れていると考えられています。中国医学では、エネルギーの経絡を扱い、気を整えたり、ブロックを外したりすることで、体のエネルギーバランスを整えようとします。鍼灸治療は、経絡上の特定の場所に針を刺して、エネルギーの過不足のバランスを取るアプローチのひとつです。

陰ヨガも同じような原理です。結合組織の中にあるとされる経絡に沿って、エネルギーに働きかけるのです。強すぎず、長めのストレッチを行うことで、身体の柔軟性を高め、深い解放感を得ることができます。しかし、陰医学の基礎となる理論では、ブロックされたエネルギーを循環させるために、別の種類のリリース方法があると考えられています。

この睡眠のための一連のストレッチは、陰のエネルギーを高め、陽の側面を冷やして、適切な夜の休息を促すようにデザインされています。陰の要素を取り入れるだけでなく、激しい運動や激しい会話、仕事や学校での未解決の問題など、陽の要素を抑えることも忘れないでください。ストレッチの際には、ゆっくりと呼吸を行いましょう。

By JOSH SUMMERS, YJ EDITORS
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

キャプション画像
キャプション画像
キャプション画像
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する