【陰ヨガで疲れ取り&脊柱矯正】梅雨の重だるさを解消!「除湿」「健脾」の経絡を刺激するヨガ

illustration by MisakoNakagawa

【陰ヨガで疲れ取り&脊柱矯正】梅雨の重だるさを解消!「除湿」「健脾」の経絡を刺激するヨガ

西川尚美
西川尚美
2021-06-07

24節季で「小満(しょうまん)」という日は5月下旬から6月初旬。本格的な梅雨の前時期です。中国や日本では、古来から1年の暦を24節季、72候というように区切り、短文で表し暮らしに役立てました。自然の現れとして「秋にまいた麦に穂がつく」頃、その出来具合に「少し満足」し、ひと安心するといった時期です。また、野原には「紅花の花」が咲きほこり、6月になると、「かまきりが卵からかえって」透明な赤ちゃんが土の中から顔をみせる頃。夏至が近づいています。 5月の爽快な気候、明るい太陽の日差しで心身は快調だったのに、梅雨の湿気の影響で心身の不調を感じ始めていませんか?

梅雨時期のキーワード「除湿」と「健脾(けんぴ)」とは

ヨガで身体リセットといえば、【背骨と骨盤】。中医学や漢方で生命エネルギーや気血水の調整といえば、必ず【脾胃】から。この梅雨時期のキーワードは「除湿」と「健脾(けんぴ)」。一挙両得の陰ヨガポーズを今日はご紹介いたします。かわいらしい名前の「キャット・テイル・ポーズ」(猫ちゃんが自分の尻尾を引っ張って遊んじゃうポーズ)。

ここで、夏至の前に、しっかりと身体調整をして夏を迎えましょう。背骨の可動する方向は6方向。屈曲・伸展・左右側屈・左右ねじり。この中の、脊柱の「伸展」と「ねじり」、少しの「側屈」がポーズを通して行えます。

背骨istock
Adobestock

背骨・骨盤の全関節の固くなったコリを、ねじる動作により、取り除きましょう。うまくねじれると、仙腸関節まわりや、腸腰筋群もほぐせます。

その動作によって、フロントライン・バックライン・左右サイドラインの筋膜を、気持ちよく伸ばし、気エネルギーを通していきましょう。

フロントライン
フロントライン・脾胃経
スパイラル
スパイラル/illustration by MisakoNakagawa
ディープフロントライン
ディープフロントライン/illustration by MisakoNakagawa
バックライン
バックライン/illustration by MisakoNakagawa

東洋医学的には、脾胃の経絡が、大腿四頭筋群、腹直筋群、にあるとされます。深くじっくりと伸ばすことにより、深層にある筋腱経絡がひらきます。(経絡にも種類があり、多岐にわたります。)

静かに「目的のある沈黙」を行うことで、心身の気エネルギーを養うことができますが、もし、無音では落ち着かない場合は、リラックスできる場所で音楽を聴きながら行うこともできます。

ゆったりと力を抜き、リラックスしながら、ご自身の背骨の感覚、骨盤周りの疲労感を感じてみましょう。内臓、特に消化器系の脾胃のあたりに、心の耳を傾け、深呼吸を続けます。猫ちゃんになったつもりで、このキャット・テイル・ポーズを行ってみてください。脾胃の気エネルギーが養われ、満ちてくるのが分かります。特にポーズ後の小休止の時間に味ってみてください。

<陰ヨガ・キャット・テイル・ポーズのやり方>

・ポーズ時間 1~5分
・タイマーをご用意ください

①    片側を床の方に向けて、横向きに寝そべります。片手を側頭部にあて、頭部を支えます

準備
横向きに寝そべります

②   上側の片脚を腹の前側に伸ばします 

足を前に伸ばす
片脚を腹の前側に

③    下側の脚の膝をまげて、かかとが臀部に近づきます

④    上側の手で、下側の足の(臀部に近くなった)つま先を掴む

膝を曲げ足を掴む
膝を曲げ足を掴む

⑤ 頭に支えていた手を外し、肩と手を前方にのばしてリラックスさせます。(頭部においた手は離さなくてもよいです。どちらか安定する方を選択してください)

寝そべる
上体を少し後方へ反ります

⑥  ターゲットの背骨がねじれ、少し後方に上体が反り伸ばされ、大腿の前側の大腿四頭筋が伸びていることを確認してください。腰部に嫌な感じがないようにチェックしてください。(あれば回避するように反りすぎない、伸ばしすぎない場所まで戻ります)。深呼吸を繰り返し、さらに脱力して、心身共に落ち着いてくる様子を観察します。

⑦ 1~5分ポーズを保ちます。(タイマーをご使用されるとよいでしょう)

<<アップでみると>>  

アップ肘付き肘をつき寝そべる
アップ肘付き 足出す 

足を前方へ伸ばす

後方へねそべる

手で足を掴む(前方・後方の足もつかむバリエーション)

壁を使ったバリエーション

壁に準備
壁に膝をつき横向きに寝そべる
壁 そのまま
上部の足を前へ出し踏み込む。下部の膝から甲で壁を蹴る
壁 ブロックを
壁と膝の間にブロックをおき、抵抗を強めるとさらに効果的

陰ヨガは、じっくりと時間をかけて1呼吸ずつ丁寧に行うヨガです。ゴールはあなたの身体とお友達になって、身体の心地よさを探求してみること。目を閉じて五感を使って「自分だけの心地よさ」を味わってみてくださいね。やりすぎる感覚より、少し足りない程度が最適です。ポーズをほどいたら、シャバサナ(リラックスポーズ)で1分ほど、「感覚の響き」を楽しみましょう。

※現在、通院中、医療機関の専門医にかかっている場合は、ご担当の専門家の許可を得て、安全にヨガを行ってください。

AUTHOR

西川尚美

西川尚美

西川尚美プロフィール2004 サンディエゴでヨガと出会い2010より指導。都内スタジオで陰ヨガクラスを担当。現在オンラインクラスでブレスワーク、陰ヨガ、瞑想、指導者養成講座を開講している。2010年よりインサイトヨガのサラパワーズ氏、2012年より陰ヨガ創始者ポール・グリリー氏に師事。毎年渡米し講座を受け続けている。2020よりマインドフルネス陰ヨガ指導者養成講座開講スタート、現在毎月開講中。YYTT500、全米アライアンス認定講師 RYT500、介護予防運動指導員2013 「朝ヨガ夜ヨガ」宝島社出。2015 DVD「陰ヨガ for Beaty & Healing 」デンシティ社blog https://ameblo.jp/happy-naoyoga/、Twitter @nao92122、Instagram naomi.nishikawa、HP https://www.naominishikawa.com/、Mail to naomiyinyoga@gmail.com ★マインドフルネス陰ヨガ指導者養成講座 基礎102.06毎週土曜日 02/22〜26 5日間連続コース基礎1 募集中

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

背骨istock
フロントライン
スパイラル
ディープフロントライン
バックライン
準備
足を前に伸ばす
膝を曲げ足を掴む
寝そべる
アップ肘付き
アップ肘付き 足出す
後方へねそべる
壁に準備
壁 そのまま
壁 ブロックを
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する