【硬い股関節】を柔らかくして”スラッと美脚”を手に入れる!無理なく続けられる「股関節ストレッチ」

AdobeStock

【硬い股関節】を柔らかくして”スラッと美脚”を手に入れる!無理なく続けられる「股関節ストレッチ」

中村優希
中村優希
2021-09-10

スラッとした美脚は憧れますよね。実は美脚を手に入れるためには、股関節の柔軟性も大切なんです!今回はいた気持ちよいから無理なく続けられる!股関節ストレッチをご紹介します。

「股関節の柔軟性と美脚」の関係

スラッと美脚を手に入れるためには、柔軟性よりも鍛えることが大切では??と思う方は多いかもしれません。もちろん筋肉を鍛え引き締めることも大切ですが、美脚を作るためには股関節の柔軟性をつけることも大切なのです。それは、股関節の柔軟性が足の筋肉やむくみに大きく関係してくるからです。

下半身の筋肉を効率よく使うようになる

股関節の柔軟性が上がると、股関節の可動域が広がるため、日常生活の歩く、立ち上がる、走る、階段の登り下り等の日常の動作で下半身の筋肉をより使うようになります。日常の動作で使う下半身の筋肉とは、お尻や前腿(大腿四頭筋)、腿裏(ハムストリング)、内腿(内転筋)などですが、どの筋肉も足の引き締め、美脚を作るためには大切な筋肉です。

股関節が硬い人は、日常の動作においても歩く際は小股で歩くなど、自然と可動域が狭くなるため、下半身の筋肉はあまり使われずに筋肉は衰えてしまい、余分な脂肪がつきやすくなったり、むくみやすくなり足も太くなってしまうのです。

むくみや冷えの予防になる

足のむくみや冷えは老廃物を蓄積させ、余分な水分、セルライトや脂肪がつきやすくなり美脚には大敵です。

股関節周りには、リンパがたくさん集中しています。特に鼠蹊部には足の一番大きなリンパ節である鼠蹊部リンパがあります。その為、股関節をストレッチすることでリンパ節が刺激されて、余分な水分や老廃物を排出してくれるので足のむくみ改善に効果があります。また股関節をストレッチすることで、股関節周辺の筋肉が刺激されるため血液循環も良くなりますので、下半身の冷えが改善されセルライトの予防になります。

また、下半身の血液循環が良くなることで、全身の巡りも整うので、肩こりや腰痛などの不調の緩和にも繋がります。

美脚を手に入れる!股関節ストレッチ

あぐらの姿勢で座ります

②両手を前につきお尻を浮かせて、股関節を開きます

股関節
①あぐらの姿勢で座ります
②両手を前につきお尻を浮かせて、股関節を開きます

③骨盤の重みで股関節をストレッチします

股関節
③骨盤の重みで股関節をストレッチします

④無理ないところで、下にクッションも使いながらゆっくり5〜10呼吸ほど行います

股関節
④無理ないところで、下にクッションも使いながらゆっくり5〜10呼吸ほど行います

⑤両手をつき体を後方に戻します

 

Instagram:yuki.nakamura.yoga

 

AUTHOR

中村優希

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。 Lani yoga主宰

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

股関節
股関節
股関節
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する