「よく眠れるはず、と期待していたのに…」夜にヨガをして眠れなくなるのはなぜ?夜避けるべきポーズは

Adobe Stock

「よく眠れるはず、と期待していたのに…」夜にヨガをして眠れなくなるのはなぜ?夜避けるべきポーズは

一日の終わりにヨガをすると寝つきが良くなる、ぐっすり眠れると聞いたことがある人や実際に経験した人は多いでしょう。その一方で眠れなくなってしまった経験をする人も。どうしてでしょうか?

よく眠れるようにするには?

ヨガをするしないに関わらず、よく眠れるために知っておきたいことは交感神経と副交感神経の関係です。日中の活動時は交感神経が活発に働きます。夜に眠る前はその働きをおさえて心身ともにリラックスした状態を作り、日中に活動が控えめだった副交感神経を優位にさせることが大切です。

呼吸がゆったりして体に余計な力が入っていないこと、そしてイライラや心配事が減ることで副交感神経が優位になってきます。

ヨガのポーズには副交感神経を優位にさせるポーズがありますが、交感神経を優位にさせて心と体の緊張につながるポーズもあるので注意が必要です。

夜ヨガ
Photo by Kinga Cichewicz on Unsplash

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

夜ヨガ
後屈
夜ヨガ前屈
オンラインヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する