【免疫アップ&夏の熱中症対策にも】カンタン混ぜるだけ!発酵食品「塩こうじ」の効能と作り方

AdobeStock

【免疫アップ&夏の熱中症対策にも】カンタン混ぜるだけ!発酵食品「塩こうじ」の効能と作り方

半田葉子
半田葉子
2021-08-12

腸だけでなく肌にも良い「麹」

日本酒を作る職人さんの手がとても綺麗というのを耳にしたことはありませんか。日本酒の製造過程である「床もみ」「もみ上げ」「切り返し」は職人の素手を使い、米麹を混ぜ合わせているからだと言われています。私たちの毛穴に詰まる「角栓」の成分は、皮脂は約30%で、残りの大部分が「タンパク質」でできたものといわれています。麹はタンパク質を分解するため、肌が滑らかになるのはそのためです。

肌における塩の効果

「塩風呂」「バスソルト」「マッサージソルト」など、塩はお肌のケアにも良く使用される成分です。塩に含まれるマグネシウムやナトリウムが毛穴汚れや黒ずみを落とし、カリウムが毛穴を引き締めると言われています。また、塩分は塩の浸透圧により皮膚表面の老廃物排出の手助けをし、発汗効果で皮脂と汗の分泌を促し、血行改善やむくみの改善にもつながります。殺菌作用や塩に含まれるミネラルがタンパク質を分解するため軽いピーリング効果もあり、お肌にはとても良い効果をもたらします。
※乾燥肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎のある方などは肌が乾燥し過ぎてしまう恐れがありますので、お気を付けください。 

麹と塩の組み合わせは、食べ物としてだけでなく肌の表面にも良い効果があることがわかりますね。
においが気にならない方はお肌にも塗ってその効果を試してみてください。

手
AdobeStock

AUTHOR

半田葉子

半田葉子

バウエル腸セラピスト/vegan菓子 [ 素果子|sugashi ] 店主 幼い頃から環境問題に興味を持つ。20代に心身のバランスを崩したことをきっかけに「からだに入れる選択」「免疫力」「心と身体のバランス」「出す力」の大切さに気づき、自然生活に活かせる食や腸を学びはじめる。会社員、自身のカフェでの菜食調理、地方veganカフェの立ち上げやメニュー提供、海外のオーガニック事情調査、腸講師などを経て、「からだ想いのお菓子を」とオンラインストア [ 素果子|sugashi ] を始動。お菓子作りを続ける傍ら、 長年のマクロビオティック生活と自身の経験や知識を活かし、個人の体質改善カウンセリング・腸マッサージの施術を行っている。InstagramID:kurashinotane_

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

麹
手
塩こうじ
日本食
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する