【5人の専門家が指南】2021年のエネルギーを迎え入れ流れに乗るための「5つの習慣づくり」

Jessie Ford

【5人の専門家が指南】2021年のエネルギーを迎え入れ流れに乗るための「5つの習慣づくり」

ヨガジャーナルアメリカ版の人気記事を厳選紹介!2020年が3年ぐらい続いている気がする?新しい年と生まれ変わったエネルギーを迎え入れるのに役立ち、マンネリを脱して内なる安らぎをもたらす習慣づくりについて、5人の専門家たちに話を聞いた。

2020年はディストピア小説の大作が現実になったような年だった。世界的な感染症の流行、スズメバチ、不景気(これらはほんの数例にすぎないが)などのせいで、私たちの禅の心はどこかに行ってしまった。(瞑想マスターである、ディーパック・チョプラでさえも、これらに対する我々の混乱についてCNBCに「危機に際して起こる衝動は緊急モードに入り、恐怖、不安やパニックに陥っている」と書いている)。
激動の年にさっさとお別れしながら、私たちは、年の瀬の伝統的な習慣の代わりに、新たなリセットの儀式を行って、2021年を見据えていく。世界が足元の地球を揺らし続けたとしても、地に足をつけておけるように。
一般に新年の抱負の失敗率は80パーセントと言われており、普通でない2020年を終え、なんとか2021年を迎えた人々のモチベーションはさらに低い。しかし科学の世界では、「大声で5まで数える」「日記をつける」というシンプルなことを繰り返すことで、予測や可能性を求める気持ちが満たされ、ストレス軽減に役立つと考えられている。 
『ヨガジャーナル』では、5人の専門家たちに仕事、人間関係、家庭、自分自身、世界全般といった、人生のさまざまな要素にフォーカスしたプラクティスを教えてもらった。これによって私たちはパワフルな志を定め、それをバレンタインデー過ぎまで持ち続けることができる。
こういった儀式は、未来を見据えるだけのものではない。それは、過去を振り返り、これまでの自分を認めるのにも役立つ。だからこそ私たちは、長所も短所も回復力もある自分を丸ごと携えて、新しい年へと移っていくことができるのだ。

儀式1⃣ クリスタルのエネルギーを取り込む

クリスタルは何世紀にもわたって、感情、精神、身体を癒すために用いられてきた。今日でも、クリスタルは仕事に関するうえでのエネルギーを高めてくれる。クリスタルには独自の振動があり、意図にそった前向きな変化を起こす可能性が潜んでいると考えられているのだ。
プロの目から見ると、選べるクリスタルはさまざまだ。プレゼンや会議が差し迫っていて緊張しているようなら、カーネリアン(赤みがかったオレンジの石で、グラウンディングと安心感に関わる第1チャクラを刺激する)をお守りとしてポケットに入れておき、スピーチをするときにそっと触れていよう。そうすると、自信が高まり、自分へのネガティブな言葉を静めることができると、『The Beginner's Guide to Crystals』の著者である、リサ・バターワースは言う。同じように、白いムーンストーン(頭頂のチャクラと関わり、変化に伴うチャレンジを和らげるものとして知られている)を、仕事を始める前に数分間握りしめると、石の持つ直観的な導きから恩恵を得ることができる。一方、成功を促すグリーンジェイドは、求職活動で履歴書送信の際にラップトップの隣に置いておいたりすると、新しい仕事やチャンスを引き寄せることができる。
どの石が自分の望みに語りかけてくるかにかかわらず、それを職場の机の上や、オフィスの植物の鉢植えの中に置き、仕事上での願いを日常的に思い出すリマインダーとして役立てることで、クリスタルを日々の生活に取り入れることができる。まずはここでご紹介するキャリアの実現度を最大まで高め、そのまま2021年を進むためのふたつの儀式を行ってみよう。

クリスタルを入れて入浴してみよう

浴槽にお湯をため、水に入れられるクリスタルを加えると、キャリアの成功へのレシピが出来上がる。今年育てたい自分の願いに浸るため、浴槽にキャンドルやエッセンシャルオイル、花など、温かみとふんわり感を得られるものを用いて雰囲気をつくろう。浴槽に身を沈め、選んだクリスタルを両手ではさみ、水面ぎりぎりのところで保つ。息を手のほうに吐きながら、キャリアのゴールを大きな声で、あるいは声を出さずに唱え、自分が望む2021年の仕事の状況をできるだけ詳しくイメージしよう。その後クリスタルを浴槽に落とし、今自分が思い描いた夢がまず湯気の立つお湯に、次に自分の体に吸収される様子をイメージしよう。入浴が終わったら、自分の新年の願いをいつでも思い出せるよう、クリスタルを目につきやすいところに置いておくといい。
浴槽がないのなら、ここで紹介したように志を定め、クリスタルを水を入れた瓶の中に一晩入れておこう。朝になったら、その水をスプレーボトルに入れ、たっぷりと自分の体にスプレーする。あるいは、シャワールームにクリスタルを持って入り、クリスタルをイメージしながら瞑想をして、仕事への夢が持つエネルギーの中で、洗い流されている様子を思い描こう。

クリスタルのグリッド (神聖幾何学図形)をつくろう

既にクリスタルのコレクションが豊富にあるようなら、フラワーオブライフのグリッドをつくり、神聖幾何学(特定の形にスピリチュアルあるいは神聖な力が宿るという信念)のパワーを感じてみよう。古代の寺院に刻まれている19の円で構成された、六角形のパワフルな文様は、石の持つエネルギーを高め、アファメーションに恩恵をもたらす働きがあると考えられている。
自分自身の文様をつくるには、フラワーオブライフの図形をプリントするか、描くといい(下の図を参照)。外側の円の内側に石を6つ置き、その内側の円にもう6つ置く。最後に、導き出したい願いを表すマスター・クリスタルを中央に置き、その下に仕事への願いを書いた紙を滑りこませる。石のエネルギーを感じながら、最も大きな望みをマスター・クリスタルにこめて。
この文様を24時間そのまま置き、自分の志と新年の始まりとをつなぎ合わせる。自分の願いを声に出して読み上げながら、瞑想をしよう。その後で文様を崩し、マスター・クリスタルを祭壇か枕元に置く。それを夢を思い出すリマインダーとして、文様をつくった時の志の達成に近づいていくようにしよう。

2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
クリスタルでつくるフラワーオブライフ
illustration by  Jessie Ford

儀式の前には、クリスタルのエネルギーを清めよう。ローズマリーやラベンダー、マツを燃やした煙や、ヒーリング効果のあるハーブで浄化しよう。一晩窓際に置いて、月の光をあてるのもいい。満月は石をポジティブなエネルギーで満たし、新月はフレッシュな始まりへの備えとなる。

2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
illustration by  Jessie Ford

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

text by Jennifer Chen
illustrations by Jessie Ford
translation by Madame YUKO
yoga Journal日本版Vol.73掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
2021年のエネルギーを迎え入れる「5つの儀式」
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する