水を我慢してもむくみはとれない|顔や脚のむくみを解消するヒント

Adobe Stock

水を我慢してもむくみはとれない|顔や脚のむくみを解消するヒント

仁平美香
仁平美香
2020-12-03

夕方になるとブーツがきつくなったり、靴下のゴムの跡がくっきり。また、起きたときに顔がパンパンになるなどいろいろな箇所に発生するむくみ。 今日はむくみにつながる事、そしてむくみにくく、身体をすっきりさせるためのヒントをお伝えしていきます。

むくみとは

むくみとは皮膚の下に余分な水分が滞っている状態です。毛細血管を血液や水分が流れて、栄養を運搬したり老廃物を取り除いたりと身体中を巡っています。通常は体内の水分バランスは維持されていますが、そのバランスが崩れると余分な水分が滞り、むくみとしてあらわれます。

水分バランスが崩れる理由、むくみの原因は

・血流の悪さ(運動不足、不良姿勢、しめつけが強すぎる下着や洋服、睡眠不足など)

・塩分の取りすぎ(適量が大切)

・太りすぎ (皮下脂肪の間に水分はたまるので、適正体重よりも多いという人はよりむくみやすくなります)

・無理なダイエットなどによる栄養不足(無理なダイエットで水分調節に必要な栄養素の不足や貧血がおこったり、血流をよくする筋力などが低下すればむくみやすくなります)

※もしも片側だけがむくむ、痛みを伴うむくみがある、急にむくみが出てきたなどの場合は疾病などが隠れている場合もあります。一度病院での受診をおすすめします。

むくまない身体作りのために気を付けたいこと

睡眠をしっかりとるなど1日のリズムを整えるとともに、むくみにくい身体をつくるために毎日少しずつ取り入れてみましょう。

血流をよくするポーズを行う:骨盤周り、ふくらはぎなどがポイント 

ヨガの練習は血流をよくする上でどれも素晴らしいものばかりですが、全身の血流をよくしてくれる朝一番の太陽礼拝は特におすすめです。ポーズ単体ですと、ダウンドッグや戦士のポーズ1も血流をよくする際に重要なふくらはぎをのばせるのでおすすめです。前屈もむくみに関連の深い腎臓や膀胱に関するツボのライン(経絡)が伸ばせるのでむくみやすい人は意識的に練習に取り入れてみましょう。歩く習慣のない方は1駅分など少し歩く習慣をつけるのもむくみにくい身体作りにつながります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する