寒い朝でも布団から出られる温かい体に!布団の中でできる簡単ヨガ3選

Adobe Stock

寒い朝でも布団から出られる温かい体に!布団の中でできる簡単ヨガ3選

だんだんと布団から出るのが辛い朝が多くなってきましたね。あと5分、あともう少しと少しでもぬくぬくしていたいですよね。これからのそんな寒い朝に、布団の中でできる、オススメのヨガポーズをご紹介していきます。暖かい状態でゆっくりと身体を起こしていきましょう!

まずはまぶたを閉じたまま

最初は呼吸をコントロールしていきましょう。寝起きの呼吸は基本的に深くゆっくりしているでしょう。その状態をキープしたまま、少しずつ身体を内側から温めていきます。

やり方

1.布団の中でリラックスした姿勢になります。体勢は自由で良いです。

2.吸う息でお腹をふんわり膨らませます。分かりにくければ、片手をお腹の上に乗せてみましょう。

3.吐く息がきたら「はあ」と声に出しながら吐ききっていきます。ここはゆっくりでなく、一気に「はあ」と出し切ってしまいましょう。回数を重ねるごとに徐々に吐く時間が長くなるとなお良いです。5~10回程度繰り返してみましょう。

深い呼吸を繰り返しながら、ゆっくりと寝ていた身体を起こしていきます。

指先足先の血行を促そう

寒い時期にどうしても冷えがちな末端部分の血行を良くしていきます。この動きはぜひ寝る前にも行うことをオススメします。

やり方

1.深い呼吸をした状態のまま行います。まずは指先足先ともにグーパーしましょう。

2.特にパーのときは指と指の間をできるだけ開くようなイメージで行います。

3.次に足先を自分側に向けたり、反対に向けて足の甲もストレッチしていきます。

4.指先は反対の手を使いながら、指先を外側に反らしてみましょう。痛気持ちいいところまでで大丈夫です。

5.最後は指先足先ともに円を描くように回していきましょう。

どんなに厚着をしても冷えてしまう部分ですが、朝1番から血行を良くして身体全体の血行も良くしていきましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

寒い朝でも布団から出られる温かい体に!布団の中でできる簡単ヨガ3選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する