ヨガスクールのマネージャーに聞く!ヨガ指導者に必要な資格とおすすめスクールは?

Canva

ヨガスクールのマネージャーに聞く!ヨガ指導者に必要な資格とおすすめスクールは?

ヨガが大好きで、「指導者になって好きなことを仕事にしたい」と思っている人も多いでしょう。ヨガの先生を目指したいと思ったら、どんな資格が必要? おすすめの学校は? あとで後悔しないよう、しっかりチェックしてベストな選択を!

指導者になりたいと思ったら、気になるのは必要な資格について。アンダーザライト ヨガスクール(以下、UTL)のスクールマネージャー・守田あつ子さんに伺いました。

「日本にはヨガに関する国家資格はありません。けれども世界では『ヨガアライアンス』の資格を持っている人が圧倒的。ヨガライアンスとは、世界で最も知名度の高いアメリカのヨガ資格発行団体で、100ヵ国以上に約8万名の登録者がいます。 一定レベルの知識と技術を持っていることが保証されるため、日本でも登録者が増えてきています。

ヨガというものが一般的になり、健康や美容、ストレスや不調解消など、さまざまな理由でヨガを行う人が増えました。指導者としてそれらに対応できる技術を身に着けるためには、資格の取得も重要ですが、常に学びの姿勢を忘れないことが大切です」(守田さん)

近年はヨガの資格も増えてきましたが、ヨガアライアンスを含め、広く認知されている資格を教えていただきました。

代表的なヨガの資格

ヨガアライアンス

取得期間の目安:1ヵ月~3年
ヨガインストラクターとして指導を行う際や、スクールを運営するときなどに重視されることが多い資格。これからヨガ指導者を目指すのであればぜひ持っておくことがおすすめです。

ヨーガ検定

学習期間の目安:2年以上
2015年にインド政府が制定した検定。インド以外の国への浸透はまだまだこれからですが、今後の展開が注目されています。

アイアンガーヨガ認定指導員

学習企画の目安:5年以上
B.K.S.アイアンガー師によって考案されたヨガ。アライメントを重視し、ブロックボルスターなどの道具を多く使用します。認定指導員になるには3年の経験を経て、指導員のための2年のプログラムを習得し、世界基準の認定試験を通過することが必要です。日本国内には約120名の認定指導員がいます。

アシュタンガヨガ正式指導者資格

スリ・K・パタビ・ジョイス師によって考案された、呼吸と動作を調和されてダイナミックに動くヨガ。ポーズの順番や視点、呼吸、マントラが決まっています。日本国内には約30名の正式指導者がいます。

ヨガの指導者になりたい
photo by Canva

●もっとくわしく知りたい人は
https://www.underthelight.jp/yogaalliance

●ヨガアライアンス規約をもとに運営しているヨガスクールをチェック!
https://ryt200.jp/

Text by ヨガジャーナル編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガの指導者になりたい
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する