ドキドキを静めてリラックス|フライト前の空港でできる簡単ヨガポーズ

Christopher Dougherty ​

ドキドキを静めてリラックス|フライト前の空港でできる簡単ヨガポーズ

空の旅はストレスに満ちている。休暇や出張で飛行機に乗るのが憂鬱だと思う人もいるだろう。この企画では、空港や機内の座席で、そしてフライト後に行える3つの短いシークエンスを紹介する。神経を静め、こわばりをほぐし、グラウンディングの感覚をもたらしてくれるだろう。第1回は、搭乗前の興奮を静める5つのポーズ。

搭乗前の興奮を静める5つのポーズ

搭乗ゲート付近でできるだけ何もないスペースを見つけて、これらのポーズを練習しよう。

1.スカーサナ(安楽座)

離陸前の不安感は、今ここに意識を置いていないことが原因かもしれない。これから何が起きるか心配していないだろうか。このシンプルな座位のポーズで今ここにとどまることにより、安心と穏やかさを感じられるだろう。

行い方:
座っている姿勢からあぐらを組む。両手は手のひらを下に向けて、腿にのせる。手の重さでグラウンディングの感覚が得られるだろう。胸を引き上げた状態で深い呼吸を行いながら、目を閉じて自分の下の揺るぎない大地に意識を向ける。「私は安全です」とマントラを心の中で10回繰り返す。脚を組み替えて、繰り返す。

離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
photo by Christopher Dougherty

2.ウッティターパールシュヴァコーナーサナ(横に伸ばすポーズ)

この立位のポーズは脚を鍛え、自分の内なる力に気づかせてくれる。腕の動きの応用により、サポートされている感覚が得られるだろう。

行い方:
両足を左右に大きく開いたら、右脚を外側に向け、後ろの足をやや内側に向ける。息を吸って両腕を左右に伸ばし、吐きながら前の膝を直角に曲げる。吸う息で右腕を前方に伸ばし、骨盤と上体を前の脚のほうに倒していく。右手を前の脚の内側に入れて、右腕と腿の内側で押し合いながら、左腕を頭上に伸ばし、背骨を長くする。15~20回深い呼吸を行い、反対側でも繰り返す。

離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
photo by Christopher Dougherty

3.ヴルクシャーサナ(木のポーズ)

このポーズでは、驚いたときに自分の神経系がどう反応するかを即座に知ることができる。間違えないでほしいのだが、この練習は決して恐れ(あるいは怒りや幸せや悲しみ)を感じないようにするためのものではない。感情に気づき、どれだけ早く平静さを取り戻せるかを観る練習だ。

行い方:
両足を揃えて立ち、床にしっかり根づかせる。左脚を床から浮かせて、腿を外に開き、左足裏を右膝脇の上か下につける。一点を見つめ、手は快適なポジションに。完璧にバランスをとろうとせずに、むしろぐらついてもよいと考えよう。15~20回呼吸をし、反対側でも行う。

離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
photo by Christopher Dougherty

sequence by Sarah Ezrin
photos by Christopher Dougherty
illustrations by Misako Nakagawa
hair&make-up by Beth Walker
translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
離陸前のドキドキを静めてリラックス|飛行機旅のストレスをケアするヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する