米国心理学者に聞く「喜びを迎え入れるための瞑想法」とは

AC まぽ

米国心理学者に聞く「喜びを迎え入れるための瞑想法」とは

どうやったらいちばん苦しい時期にも幸せを見つけられるだろう。

見失った「喜び」を蘇らせてくれたもの

言葉を習得する能力や人を愛する能力と同じように、喜びを感じる能力はあらゆる人に生まれつき備わっている。心理学の研究では、体に強い痛みを感じるときや精神的に苦しんでいるときでも、それとは関係なく喜びを感じられることが示されているという。そうは言っても、多くの人は喜びが生まれながらに備わっている感情であるとは思えないだろう。喜びは特定の物を所有したときや、特別なことをやり遂げたときにだけ感じられると思っているのだ。

だから私たちは、さまざまな物や人間関係、特別な経験を通じて喜びを求め続けている。そのために、このきわめて重要な感情がすでに自分の中にあって、いつ見つけてもらえるのか辛抱強く待っていることを感じられないのだ。

残念ながら、喜びの感情を認めなかったり否定したりすると、人生の意味や人間関係の価値が感じられなくなる。たとえば、人生が充実していないと感じたり、ほかの人に嫉妬したりすると、生来の喜びの感情はすっかり影を潜めてしまう。私は20代前半の時にこのことを経験した。私は当時、引っ越しを終えたばかりで鬱状態にあった。仕事も見つからず、孤独感に苛まれていた。

本来持っているはずの喜びの感情を見失ってしまい、悲しみにとらわれてもがき苦しんでいた。こうして悪循環に陥って、目的意識もなくしていた。瞑想をすると、どんな状況に置かれていても生来の揺るぎない喜びの感情を発見できることを知ったのはそんな時だった。私は鬱状態のなかでようやくヨガの講座にたどりついたのだった。

最初のレッスンの終わりに瞑想をした。すると、不意に全身に喜びがあふれてきた。突然、自分自身や宇宙と再びつながる感覚を覚えて、目的意識や人生の意義を感じることができた。その夜はすっかり生まれ変わったような感覚に浸りながら、歩いて家に向かった。

私は自分に何が起きたのか猛烈に知りたいと思った。それ以来、瞑想を実践し、神経科学の研究論文も数え切れないほど読むことによって、どんなときでも瞑想によって喜びを感じられることを理解した。瞑想をすると、脳のデフォルトネットワークが停止する。脳のデフォルトネットワークが働いていると、否定的な感情や執着心にとらわれてしまう。また、瞑想をすると、脳の実行ネットワーク、思いやりネットワーク、焦点をぼかすネットワークを起動させることができる。すると、喜びを受け入れやすくなり、物事の本質を見抜くことができるようになる。

by Richard Miller,PhD
translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する