ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは

ポーズが深まらない原因は、硬さだけではなく、正しく体を使えていないのかも…。体のメカニズムに基づいた動き方に変えるだけで、柔軟性が高まりポーズもより深まりますよ。今回は「パリヴルッタスカーサナ」でねじりが深まらない場合の解決法をご紹介します!

「パリヴルッタスカーサナ」でねじりが深まらない場合

いつもの入り方

上体を深くツイストすることに気を取られ、坐骨が浮いたり、背骨が丸くなるなど姿勢が崩れるとねじりにくくなる。

1.座位になる

ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.体をねじる…ツイストが苦しい

ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

腕を上に伸ばす力で背骨を伸ばすプロセスとは

背骨を伸ばせばねじりが深まる

背骨は伸びた状態のときに、もっとも関節がゆるんでいるため、ツイストしやすくなります。頭頂を押し上げるイメージで背骨をキューッと上に伸ばす。このひと手間で激変します。

丸まった背中はNG。腕を上に伸ばす力を借りて背骨を伸ばして

座位のポーズは、腰が落ちて背中が丸くなりがち。すると、背骨の関節が緊張してしまうため、しなやかさを欠き、ツイストが浅くなります。腕を上に伸ばす力を利用して背骨をできるだけ伸ばし、ニュートラルにセット。CASE2と同様、最後に顔を後ろへ向けて。

プロセスを変えたやり方

1.背骨を伸ばす:あぐらで座り、左手はカップハンズにして体の後ろの床へ。右腕を頭上に伸ばして背すじを上へ伸ばす。5呼吸キープ。
POINT:両坐骨を床に突き刺すイメージで座り、腰を安定させよう。

ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.体をねじる…体にスペースを感じる:右手は左膝におき、顔を左に回しながら上体のツイストを深める。目線は左肩の先に向けて。反対側も。

ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
パリヴルッタスカーサナ
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…中村尚人先生
理学療法士、ヨガ・ピラティスインストラクター。「TAKT EIGHT」「UPLIGHT」主宰。UTLにて長年ヨガの解剖学講座を担当。医療とボディワークの融合、予防医学の確立を目指し活動中。

モデル…ソフィさん
幼少期にモデルデビュー後、学生時代をオーストラリアで過ごし、21歳から日本で本格的に芸能活動を開始。ホリスティック栄養士、RYT200も取得。ヨガイベントも開催している。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
text by Kyoko Nagashima
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
ツイスト時の姿勢の崩れは〇〇を上げて解決!解剖学的アプローチとは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する