骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法

Shoko Matsuhashi

骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法

初心者がおちいりやすい「やりがちポーズ」。知らずに続けていると、上達のさまたげになるだけでなく、ケガの原因になってしまうことも。そうならないために、NGポイントを徹底研究して効果的な動きを身につけましょう。今回は骨盤を正面に向けて上へ延びる戦士のポーズⅠ(ヴィーラバッドラーサナⅠ)についてです。

戦士のポーズⅠ(ヴィーラバッドラーサナⅠ)

骨盤がしっかり正面に向いているかがポイント。さらに、膝の位置も重要。膝を曲げて腰を落としましょう。手の動きにつられて体が伸びきってしまわないように注意しましょう。

正しいヴィーラバッドラーサナⅠ

 骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
photo by Shoko Matsuhashi

間違ったヴィーラバッドラーサナⅠ
骨盤が横に開いている、手の挙上につられて膝が伸びている

骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
photo by Shoko Matsuhashi

骨盤が開いて前膝が伸びてしまう時の改善法

まず骨盤を正面に向け、そのまま後ろ脚を伸ばします。骨盤と脚が決まってから手を上げて。

やり方

1.骨盤を手でさわって正面に向ける。脚を開いたときも、おへそが常に正面を向いているように保って。

骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
photo by Shoko Matsuhashi

2.脚を開いて前脚の膝を直角に曲げる。足首の真上に膝があることを確認し、この位置を保ったまま手を上げる。さらに、後ろ足で強く床を押せると、よりポーズが力強くなります。

骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…中村尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。UTLにて長年ヨガの解剖学講師を担当。医療とボディーワークの融合、予防医学の確立を目指し活動中。「TAKT EIGHT」主宰。3月にヨガシナジーTTレベル2参加のため渡印。4月8日にTAKTEIGHTでWSを行う。

モデルを務めてくれたのは…愛甲千笑美さん
モデル。宮崎県出身。現在、『with』『CanCam』『Oggi』など数多くの女性ファッション誌で活躍。 TBS「ビジネスクリック」木曜日レギュラー。小学・高校時代の7年間でバレエを習う。特技は韓国語と英語。

photos by Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

 骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
骨盤はどこを向いている?「戦士のポーズⅠ」のやりがちポーズ改善法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する