安楽座の基本|思考や心が落ち着き、安定感を高めるポイントは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

安楽座の基本|思考や心が落ち着き、安定感を高めるポイントは

クラスでよく行うけれど、あえて詳しい説明がされないこともあるポーズのポイントや体の動かし方をご紹介。実はあらゆる基礎となる大事な動きを網羅しているので、改めて確認してみましょう。今回はヨガの座位ポーズの基本であり、瞑想の準備でもあるスカーサナ

スカーサナ(安楽座)

ヨガの座位ポーズの基本であり、瞑想の準備でもあるスカーサナ。坐骨と膝を左右均等に保つことで思考や心が落ち着き安定します。

POINT
・体の中心から左右対称に
・背筋を伸ばす
・体の近くに右脚 
・左右の膝が同じ高さ

HOW TO
右足を手前に、両足のかかとを会陰の前に揃え、膝を開きます。体の中心から左右対称にすることを意識しましょう。大切なのは、自分の体のクセを知り「真っすぐ」を探すこと。

安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

膝が浮く人はこれもOK
膝が浮く人は浮いている膝の下にブロックを入れて。左右の膝の高さを揃えることで重心が整って姿勢が安定する。

POINT
・坐骨を安定させる
・膝を安定させる

安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

横から見ると

腸骨を床に垂直にし、坐骨で床を押すことで体の中心を整えられます。背骨を真っすぐ伸ばし、背骨の延長線上に頸椎をセットするのがコツ。膝は股関節から開いて床へ。

POINT
・あごを軽く引く
・頸椎は背骨の延長に
・腸骨と床は垂直に
・坐骨は床へ

安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

お腹の力が抜けるのはNG

姿勢を良くしようと腰を反るとお腹が開き、力が抜ける。反り腰は腰への負担が大きく不調につながりやすいので注意。

NG POINT
・お腹の力が抜けている
・坐骨が床からずれている

安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

背中が丸まるのはNG

背中が丸まるのは骨盤の後傾が原因。腹筋を使い骨盤を立てて。

安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは…HANAE先生
北海道出身。幼少よりクラシックバレエを習う。第1子出産後ヨガに出会い、アシュタンガヨガを始める。2013年より現在の師である公式指導者クランティのマイソールクラスアシスタントに。現在UTLでTT2の指導を担当。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Kyoko Suzuki,Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Megumi Nishijima,Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.66掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
安楽座の基本|坐骨と膝を均等に下ろすためのポイントは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する