食欲の秋は太りにくい糖を!3分でできる、焼き芋おやつ【罪悪感のないおやつ #4】

AYUMI

食欲の秋は太りにくい糖を!3分でできる、焼き芋おやつ【罪悪感のないおやつ #4】

AYUMI
AYUMI
2019-09-29

美味しい・可愛い・太らないおやつって? 毎日がヘルシーで楽しくなる「おやつ」のアイディアを、米国認定ホリスティックヘルスコーチのAYUMIさんが教えてくれる連載企画。今回のテーマは「糖」。私たちが糖を欲するのは自然なこと。悪いことではないんです!さつまいもとギリシャヨーグルトを組み合わせ、糖質とタンパク質をおやつタイムにバランスよく摂取しましょう。食後も満足度が上がり、余計なものや、加工品が必要なくなりますよ!

「糖」は悪者?

私たちは自然に甘い食べ物を摂取したくなるようプログラムされており、糖を欲するのは自然なことです。乳製品、野菜、果物などの多くの食材には、どれも砂糖が含まれおり、少量でエネルギー源になり本来は満腹感を強くする、スペシャルなものです。

太ってしまうのはなぜ?

では何が私たちに影響を及ぼすのか。それは「商品の加工中に添加された糖」です。「加工された糖」とは甘いお菓子やパン、ケーキ、ソース、ドレッシングなどの食品や飲み物に「加えられた砂糖」。例えばオレンジには自然の糖が含まれていますが、オレンジジュースには加工の途中で甘みとなる糖が付け加えられている可能性があります。

ソーダやクッキー、ケーキなど、食品を甘くするために商品をつくる過程で付け加えられた糖は、カロリーが高く、栄養価がなく、エネルギーになりにくい傾向があります。そのため、加工糖を多く摂取すると食後の満足感を得られないことから、結果過食を引き起こし、体重増加のリスクを高めることも…。

大切なことは「自然の糖」「加工中に添加された糖」かということ。

さつまいもギリシャ
photo by AYUMI

「自然な糖」を摂りましょう!

体を満足させるためには加工された糖ではなく、「自然の甘み」を食事に追加することです。甘い野菜類は甘みを欲する欲求を沈めてくれます。食生活に甘い野菜を追加することで、少ない食事で満足できるようになり、加工品が欲しくならなくなりますよ。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

さつまいもギリシャ
さつまいも
さつまいもギリシャヨーグルト
さつまいもギリシャヨーグルト
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する