運動不足だけじゃない!ヨガ初心者によくある「身体が硬い」理由と解決方法

Getty Images

運動不足だけじゃない!ヨガ初心者によくある「身体が硬い」理由と解決方法

家で少しヨガをしたことがあるけれど、身体が硬い。ヨガスタジオでクラスを受けても大丈夫?と心配になったり、クラスに参加していても「身体が硬くて」と感じる人は少なくありません。身体が硬いのはどうしてでしょうか?そしてどのようにしたら良いのでしょうか?

「身体が硬い」理由として、運動不足、日頃筋肉を使っていない、などがあげられます。確かにそれらも理由のひとつですが、ここではそれ以外にもある理由とその解決方法を考えてみましょう。

「自分は身体が硬い」という考えを捨てよう

「身体が硬い、皆と同じようにできない…」そんな気持ち(=心の緊張)はそのまま身体の緊張に繋がることがあります。「私の身体は硬い」と思いながらポーズを取っている身体は無意識のうちに身構えてしまって、どこかに無駄な力が入っています。本来動けるはずの身体の動きを気持ち(心)で制限してしまっているのです。

心と身体は繋がっています。身体の硬さを気にしている人は、決して頑張りすぎず、まさに「肩の力を抜いて」気楽にやることで思い込みから抜け出してみましょう。最初から先生のお手本通り、周りの人たちと同じようにしようと思わず、無理をせず出来る範囲でポーズをすることを心掛けましょう。思うように形にならなくても気にしなくて大丈夫です。

また、スタジオや先生にヨガをするのが初めてであること(もしくはヨガを始めて間もないこと)を伝えておけば、先生もそのことを踏まえて適切な指導をしてくれるので安心です。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する