「〇〇を立てて」とは?ヨガレッスンの指導用語をインストラクターが解説

Shoko Matsuhashi

「〇〇を立てて」とは?ヨガレッスンの指導用語をインストラクターが解説

ヨガレッスン中に耳にする「お腹を引き上げて」「肋骨を閉じましょう」ってどういう意味?レッスンでよく聞く指導用語の意味を、ヨガインストラクターの楠原宏子先生に聞いてみました。ヨガインストラクターに聞けずにいた疑問をこの機会にスッキリ解決しましょう!

ヨガレッスン中に登場する指導用語の意味

「頭頂で空を押して」は、身長を測るときの背筋の伸びを思い出して

身長測定で少しでも背を高くしたくて、足裏で床を押して頭を引き上げる……、あのときのイメージです(笑)。 足裏で強く踏ん張れると、自然と背骨が伸びて頭頂が引き上がります。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

「お腹を引き上げて」は、上体を股関節から持ち上げること

胸から上げるのではなく、股関節から上体を引き上げると前傾姿勢が改善。インストラクターが、股関節から伸びる動きを誘導したいときに使う言葉です。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

「肋骨を閉じましょう」は、肋骨同士を中央に寄せ合うイメージ

肋骨は胸椎とつながっています。胸椎が反ると肋骨が開き、腰も過度に反ってしまいます。ニュートラルポジションに戻すと、肋骨が体の中心に寄って閉じた状態に。呼吸もしやすくなりますよ。

ヨガの疑問すべて解決!
体幹全体が中央に寄っているのでOK/photo by  Shoko Matsuhashi

NG:胸と肩だけを開くと、胸椎が反って肋骨が開き、反り腰になってしまう。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

「土踏まずを上に引き上げて」は、一度足指を浮かせてみる

一度足指を浮かせてみると、土踏まずにスペースができます。足の甲の筋肉が使えていると、土踏まずが引き上がり、アーチ状に。立位ポーズで足を強く使ってほしいときのインストラクションです。

HOW TO
写真のように足指を床から離すと足の甲の筋肉がオン。足の甲にスジができていればOK。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

指を下ろしてもこのスジをキープ。土踏まずにスペースができているはず。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

「バンダを締めて」は、あぐらで座り会陰部を中央に引き寄せる

バンダは、あぐらで座ったとき床との接地面(会陰部)に位置します。バンダを引き締めると体の軸が安定し、ポーズの精度がアップ。

HOW TO
あぐらで骨盤を立たせる。トイレを我慢するイメージで会陰部を体の中心に寄せる。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

「丹田を意識」は、息を吐きながら、へそ下を薄くしてみる

へそ下に両手を重ねて意識を向けます。息を吐きながらお腹を薄くすると、自然と下腹部に力が入り、丹田を意識できるはず。

ヨガの疑問すべて解決!
photo by  Shoko Matsuhashi

「〇〇〇を立てて」似た名前が多いので注意!

背骨を伸ばしたり、骨盤を立てたりするときなどの指示で、骨盤を構成する骨の名前を言われることがあります。似た名称が多いので、混同しないように覚えておきましょう。

ヨガの疑問すべて解決!
illustration by  Misako Nakagawa

教えてくれたのは…楠原宏子先生
UTLにて養成講座、レギュラークラスを担当する人気講師。 

photos by Shoko Matsuhashi、Kenji Yamada、Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
illustration by Misako Nakagawa
text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.64掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
ヨガの疑問すべて解決!
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する