体が硬い人でも簡単にできる!チェアヨガの基本姿勢をマスターしよう

Getty Images

体が硬い人でも簡単にできる!チェアヨガの基本姿勢をマスターしよう

超高齢社会を迎えた今、シニアの心と体を元気にするヨガの効果が改めて注目されています。シニア向けヨガは、ハードな動きではなく、呼吸とともに体の硬直をほぐしていくところがポイント。シニアはもちろん、身体が硬い人のもおすすめのポイントが満載です。今回は、シニアヨガの中でも安全性と効果で人気のチェアヨガをご紹介。ポーズの始めと終わりに必ず行いたいチェアヨガ基本の姿勢をご紹介します。シニア向けのヨガを指導するインストラクター山田いずみ先生に教わりました。

チェアヨガの基本姿勢をマスターしよう

骨盤と背中の筋肉でしっかり姿勢を支え、深い呼吸で安全&効果的にヨガを行います。

HOW TO

1.浅く腰掛け、足裏を床につけてお腹はリラックス。骨盤を両手ではさむように持つ。

チェアヨガ基本姿勢
(Photo by KENJI YAMADA)

2.両手で骨盤を起こすようにしながら背筋を伸ばし、頭が天井から引っ張られる感覚を意識。

チェアヨガ基本姿勢
(Photo by KENJI YAMADA)

3.両手を上に向けて太ももの上に置き、両肩をギューッと上げて後ろに回しながら下ろす。

チェアヨガ基本姿勢
(Photo by KENJI YAMADA)

4.そのまま肩の力を抜いて完成。足裏が床につかなければさらに浅めに腰かけて調節を。

チェアヨガ基本姿勢
(Photo by KENJI YAMADA)

教えてくれたのは…山田いずみ先生

モデルとして活躍後、ヨガインストラクターに。介護予防指導員として施設勤務を経て、多くのシニアやヨガ講師にチェアヨガを指導。

Photos by Shoko Matsuhashi
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.52掲載

All photosこの記事の写真一覧

チェアヨガ基本姿勢
チェアヨガ基本姿勢
チェアヨガ基本姿勢
チェアヨガ基本姿勢
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する