起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ

Kenji Yamada

起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ

ヨガを始める方に、40~50代の方が多いのをご存知ですか?「硬いから…」「運動をしてこなかったから…」という方も簡単にできるヨガポーズを、大手ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」でエグゼクティブディレクターを務めるキミ先生が教えてくれます。年齢を重ねるにつれて起こる様々な不調をケアし、健やかな毎日を過ごしませんか?

交感神経の働きを高め、脳を活性化させて体を目覚めさせる

前日の疲れを翌日まで持ち越し、朝からダルさを感じるときは、呼吸や脳にアプローチすると体がスッキリします。また、ダルさは消化機能が低下しているサインでもあります。消化機能を回復させるには、3食のうちの1食を白湯にしたり、軽食にするなど胃腸を休めることが大切。「体がダルイから、たくさん食べて栄養をつけよう!」は、逆効果になりやすいので気をつけて。

今回ご紹介するのは、ダルさを速やかに解消するワーク。胸式呼吸で交感神経を高め、さらに脳を活性化させることで、体がシャキッと目覚めます。朝行うと効果的。(キミ先生)

Photos by Kenji Yamada
Text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ
起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ
起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ
起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ
起き抜け30秒!寝起きのダルさから解放されるヨガポーズ|硬くてもできる50歳からのヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する