肩から股関節をほぐし倒す!ヨガレッスン前に行いたいウォーミングアップ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

肩から股関節をほぐし倒す!ヨガレッスン前に行いたいウォーミングアップ

「体が硬い人ほど、アライメント(ヨガポーズにおける体の各部のポジション)を重視したヨガがいい」と語るのはヨガインストラクターの柳本和也先生。彼が考案した練習法「アサナマンダラ」では、ウォーミングアップに「付け根・背骨」を温めて全身を効率的にほぐすのだそう。ヨガの前に行えば全身が伸び、硬くても動きやすい体に。「肩」「上半身~肩全体」「股関節」「股関節~脚全体」「背骨全体」の5パートにわけてほぐしていきましょう!

全身を効率的にほぐす方法

1.肩:肩関節をピンポイントで動かす

両脚を大きく開いて前側の膝を曲げ、パールシュヴァコーナーサナに。上の腕を、肩の深部から動かす意識でゆっくり回す。この状態だと胴体が固定され、肩関節を局所的に動かすことができる。反対側も。前後3回

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.上半身~肩全体:肩~股関節をクロスで刺激

ハイランジから前脚と逆の手を床につき、反対の腕を大きく回す。右の股関節から左の肩関節が胴体とクロスするように刺激され、上半身全体がほぐれる。反対側も。前後3回

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

3.股関節:脚を小さく回して股関節をほぐす

四つん這いになり片手を仙骨に添え、反対の脚で膝で円を描くように股関節を回す。こうすると骨盤が開かず、股関節にピンポイントで効く。反対側も。前後3回

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

4.股関節~脚全体:脚を大きく回して下半身の血流促

四つん這いで、片脚ずつ骨盤が開くくらい大きく脚を回す。股関節とともに、骨盤まわりや脚全体を刺激し、血流もアップ!反対側も。前後3回
POINT:腕・脚の付け根の深部から回すイメージで!

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

5.背骨全体:背骨の詰まりを解消し筋肉も柔軟に

①吸う息とともに背骨を下から順に反らす。

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

②吐く息で下から順に丸める。反らすときは体の上、丸めるときは下に大きな円があるイメージで行う。5呼吸
POINT:どちらも背骨をひとつずつ動かす意識で!

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.62掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
硬くてもアーサナが深まると人気!「アサナマンダラ」誌上レッスン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する