深くツイストするコツは|手の使い方を変えてみよう

Sayaka Ono

深くツイストするコツは|手の使い方を変えてみよう

姿勢の要であり、エネルギーの通り道でもある背骨は、ヨガで一番といっていいほど重要な部位。背骨は脳からの指令を伝える中枢神経が通っており、土台である骨盤から柱のように伸びて、頭や肩甲骨を支える体の主柱でもあります。そんな背骨を上手に使うためには、「ポーズの入り方」が重要。体が本来持っている動きの機能と連動性を活かす「入り方」をヨガインストラクターの峯岸道子先生が教えてくれました。今回はねじり系のポーズの入り方をご紹介します。

ねじり系は手で押しながら入る

ねじるときは手で床を押し、鎖の輪を起こすイメージで背骨を引き上げるのがコツ。椎骨の間にスペースができ、気持ちよく回旋できます。腰椎からねじろうとしがちですが、「ねじり」を担うのは胸椎。胸の前で手を押しながらポーズに入ると、自然と胸椎からねじることができ、ねじりがスムーズに深まります。

胸椎とは

12の椎骨からなる胸椎。頸椎のほうが可動域は広いものの、ヨガのツイストポーズでは胸椎がねじりの要になります。

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
illustration by  Misako Nakagawa

アルダマッツェーンドラーサナ

骨盤は背骨の土台となる部位なので、骨盤が後ろに倒れた状態だと、体は深くねじれない。無理にねじり続けるとけがの原因にもなるため、胸椎からねじる意識を持ちましょう。

NG:骨盤が後ろに倒れてしまっている。

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
photos by  Sayaka Ono

HOW TO
①片膝を立てて脚をクロスする

両脚を伸ばして座り、左膝を立てて右脚の外におく。右膝を曲げてかかとをお尻の左横におく。左手をカップハンズでお尻の後ろにつき、右手を左脚に添えて骨盤を立てる。

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
photos by  Sayaka Ono

②手で床を押して背骨を引き上げる
左手で床を押して背骨を伸ばし、椎骨の間に動くためのスペースをつくる。上体を左にねじり、右肘を左脚の外側に引っ掛ける。

POINT:床を押す

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
photos by  Sayaka Ono

後ろから見ると

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
photos by  Sayaka Ono

③左手で強く押しねじりを深める
右手はパー、左手はグーにし、左手で右手を強く押す。その押す力を使って、背骨をさらに左へとねじる。5呼吸。反対側も。

POINT:手を押す

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
photos by  Sayaka Ono

後ろから見ると

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
photos by  Sayaka Ono

教えてくれたのは…峯岸道子先生
「Body&Mind Yoga Studio」主宰。2000年に沖ヨガ指導者認定を受け、ヨガの道へ。運動生理学に基づく的確なアプローチで、幅広い年齢層から支持を集める。 

photos by Sayaka Ono
illustration by Misako Nakagawa
text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
背骨の使い方が上達するポーズの入り方③
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する