スタミナと精神力を養う16のヨガポーズ|鍛錬を自信に繋げよう!

Zev Starr Tambor

スタミナと精神力を養う16のヨガポーズ|鍛錬を自信に繋げよう!

体幹を活性化させ、下半身を燃やすフローが、困難にも楽に立ち向かえる精神力を養ってくれる。

広告

スタミナと自己発見を促すホームプラクティス

私たちは皆、変化や課題を優雅に乗り切る能力を備えている。この能力をヨガで磨くには呼吸が要となる。呼吸はポーズからポーズへの難しい移行も後押ししてくれるパワフルなツールだ。そしてヨガでも心身を強化できる。ひとつのポーズの中で体重を移動するときや、特にポーズ間の移行時には恐れや疑い、不安定感が湧き起こる。それをうまく乗り切るには強い体と自分への信頼が必要だ。

強さを得る方法のひとつとしては体幹を使うことだ。ヨガの練習に没頭すると、体幹は単なる筋肉ではなくなる。体幹を通じて自分が何者で、何を信じ、何を体現しているかが見えてくる。簡単に言うと、ヨガによって本来の自分の中心に安定し、根ざせるようになるのだ。

今回の練習は身体的にきついかもしれないが、得られる恩恵は大きい。湧き起こる不快感(痛みではない)と向き合いながら、移行や変化に対して自分がどのような反応をしているかをその瞬間や呼吸のたびに確認しよう。他の上級ポーズと同様に、片脚で行うピストルスクワット(片脚を伸ばして行うスクワット)ができるまでには、倒れたり失敗しては立ち上がり、またチャレンジするだろう。常に呼吸を意識しながら、自分の中心に重心をおくこと。自分の体の強さや可動性、信頼性、精神的な粘り強さに気づこう。このフローは体幹を活性化させ、下半身を燃やし、困難にも楽に立ち向かえるように導いてくれるはずだ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

Photos by Zev Starr Tambor
Model by Kristin Calabria
Hair&make-up by Ashley Smith
Translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.64掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

スプタバッダコナーサナ(横たわった合せきのポーズのバリエーション)
ウールドヴァプラサリタパダーサナ(両脚を上げるポーズのバリエーション)
ヴァシシュターサナ(サイドプランクポーズのバリエーション)
パリガーサナ(門のポーズのバリエーション)
チャトランガダンダーサナ(四肢で支える杖のポーズのバリエーション)
アドームカシュヴァーナーサナ(ダウンドッグのバリエーション)
ヴィーラバッドラーサナ(戦士のポーズⅢ)
ターダーサナ(山のポーズのバリエーション)
ウッティターハスタパーダングシュターサナ(足の親指をつかんで伸ばすポーズ)
ピストルスクワット
ナヴァーサナ
ウトゥカターサナ(椅子のポーズ)
カカーサナ(カラスのポーズ)
バーラーサナ(チャイルドポーズ)
ハラーサナ(鋤すきのポーズ)
シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)