ヨガで乳がん予防:乳房を健康にする12のポーズ

BIGSTOCK

ヨガで乳がん予防:乳房を健康にする12のポーズ

ANNELISE HAGEN
ANNELISE HAGEN
2017-12-29

9.マッツヤーサナ(魚のポーズ)

乳がん ヨガ
乳房に及ぼすよい影響:これは胸を開くのに最適なポーズであると同時に、体の両側を伸ばすことができる支えられた後屈のポーズでもある。このポーズでは、しっかりした基盤、前腕が床を押す対抗力、全身を安定させる脚の力がそれぞれ作用して、プラーナを心臓と肺に送る。


[HOW TO] 仰向けになり、胸骨の中央から上体を引き上げて背中にアーチを作る。肘を曲げ、前腕と手の甲を床に押し下げる。つま先を伸ばし、体の両脇に息を吹き込む。

10.パリガーサナ(門のポーズ)

乳がん ヨガ

乳房に及ぼすよい影響:体側を伸ばし、リンパ排液を促し、胸の前面を広げ、背骨をねじる。
[HOW TO] 背筋を伸ばして座り、左脚を前に伸ばして、背骨を高く引き上げる。右膝を腹部の方に曲げて、90度右側に開く。両腕を上げて上体を右にねじり、左手を右膝に当て、右腕を背後の床に下ろし、背骨の垂直方向への引き上げを支える。背骨を長くして、目線を右肩越しに送り、5回呼吸する間この姿勢を保つ。次に、目線と背骨を前方に回す。左腕を左脚に沿うように下ろし、右腕を耳の横に伸ばし、肘を曲げて頭上に伸ばし、後頭部に右手のひらを当てる。息を吸いながら、頭頂部を左脚の方に伸ばす。可能であれば、左足の指を右手でつかむ。ストラップを左足にかけて右手でストラップをつかんでもよい。呼吸を続けながら、胸部と腹部を天井に向けてねじり続ける。左足先を曲げて、左脚を使って体を安定させる。反対側も同様に行う。

11.シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)

乳がん ヨガ

乳房に及ぼすよい影響:深いリラックス状態のなか、神経系が副交感神経優位になる。心身を再生させ免疫機能を高めるポーズで、ヨガのポーズのなかで最も重要なもの。
[HOW TO] 仰向けになり、両腕を腰から数センチ離し、手は開いて上に向け、手の甲を床に下ろす。両足を腰幅より少し広めに開く。丸めたブランケットを膝の下において腰を支えよう。頚椎に問題がある人は、頚椎の曲線を支えるために、頭蓋骨の基底部に(2、3センチ程度に)薄く丸めたブランケットかタオルを当てよう。アイピローなどで目を覆って、部屋を暗くしてもよい。このポースで10分間休む。

12.心の瞑想

乳がん ヨガ

[HOW TO] 楽な姿勢で脚を組んで座る。心身の回復効果をさらに高めたければ、スプタバッダコナーサナ横たわった合せきのポーズ)で横たわる。一方の手を下腹部に当て、もう一方の手を心臓に当てる。下腹部からハートチャクラまで息を吹き込み、 胸の中央部分が広がるのを感じよう。エネルギーに満ちた心に癒しの効果がもたらされているとイメージしよう。吸った息を4数えるまで保ってから、ゆっくり鼻から吐く。

  • 5
  • /
  • 5

Translated by Setsuko Mori

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

乳房ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
乳がん ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する