臨床心理士が解説!自分を思いやる力「セルフコンパッション」とは?

Getty Images

臨床心理士が解説!自分を思いやる力「セルフコンパッション」とは?

石上友梨
石上友梨
2019-07-22

みなさんは、自分には甘いタイプですか?それとも厳しくしてしまうタイプでしょうか?完璧主義だったり、高い目標を持っていたり、努力を重ねる際に、自分に厳しい声かけをしてやる気を出そうとすることがあるかと思います。もしかしたら、自分に優しくすると自分がだらけてしまうのでは?と考えているかもしれません。自分に厳しくすることと、自分を思いやり優しく声かけするのでは、どちらがプラスの影響が多いのでしょうか?今回は近年注目されている自分を思いやる力「セルフコンパッション」についてご紹介したいと思います。

セルフコンパッションとは?

セルフコンパッションとは、「自分を思いやる力」のことです。コンパッションは「思いやり」という意味でして、自分を思いやり、自分を許したり、自分に優しくする力のことです。自分に優しくすると聞くと、「自分を甘やかして、だらけてしまうのでは?」と心配するかもしれません。セルフコンパッションは、自分を甘やかすこととは区別されています。また、自己肯定感や自尊心とも異なる力になります。

甘やかしは、自分の悪い面には目を瞑り、改善策を考えることなく悪い面をそのままにします。しかし、セルフコンパッションは、自分の良い面も悪い面も両方とも受け入れます。自尊心は、自分を好ましく思う肯定的な態度のことです。自分と他者を比較し、自分の好ましいところを探すことで他人を低く見てしまう場合があります。また、自己肯定感は評価を含みます。他人と比べたり、過去の自分と比べたり、なにかと比較して、自分の良い部分や、前に進んでいる部分を探し評価します。比較したり評価したり、何かをしていないと自分を肯定できないことは、少し疲れてしまいます。セルフコンパッションは、比較したり評価はしません。あるがままを受け入れます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する