側屈が苦手な人のための呼吸法|お腹のねじりを深めるテクニックは

Shoko Matsuhashi

側屈が苦手な人のための呼吸法|お腹のねじりを深めるテクニックは

ヨガの呼吸には、心身をリラックスさせ、柔らかくしなやかな体に整える効果があります。でもポーズによっては、呼吸が乱れたり止まったりすることも。安定した呼吸を続けるためのポイントを知って、心地よい体の解放感を味わって。今回のテーマは「側屈ポーズ」です。

側屈ポーズは胸横と脇腹で呼吸をするイメージ

パリヴルッタトリコナーサナマリーチャーサナⅢで練習してみましょう。

1.パリヴルッタトリコナーサナ:遠くに手を伸ばしてお腹にスペースを作ろう

立位のツイストは、硬い人ほど伸びることよりねじることを優先する傾向に。まずは遠くに手を伸ばし下腹部にスペースをつくって。 お腹が柔らかくなり、ねじりが深まります。

パリヴルッタトリコナーサナの完成形と呼吸の入れ方

胸の横側と脇腹に呼吸を入れながらねじりを深め、目線を上げた手に向けて完成。

パリヴルッタトリコナーサナ
photos by  Shoko Matsuhashi 

パリヴルッタトリコナーサナ 呼吸のためのポイント

1.左脚を前に前後に脚を開き足裏で床を押す。吸う息で背筋を伸ばし、右手を遠くに伸ばす。

パリヴルッタトリコナーサナ
photos by  Shoko Matsuhashi 

2.右手を伸ばしながら上体をなるべく遠くへ倒す。吐く息で、右手を左足の無理のないところまで下ろす。

パリヴルッタトリコナーサナ
photos by  Shoko Matsuhashi 

3.吸う息で上体をねじり、左手を天井方向へ上げる。 目線は鼻先に向けて5呼吸キープ。 反対側も。

POINT: 目線は鼻先に。

パリヴルッタトリコナーサナ
photos by  Shoko Matsuhashi 

よくある間違い:倒れることに意識が向き背中が丸くなる

床に手をつけようとがんばったり、無理して天井を見ることで息が詰まる。

パリヴルッタトリコナーサナ
photos by  Shoko Matsuhashi 

2.マリーチャーサナⅢ:おへその下を柔軟にし、ねじりを深めよう 

内臓を刺激しマッサージするこのポーズでも、大切なのはお腹の柔軟性。背中を伸ばし下腹部を引き上げてからねじることで、ポーズの効果を十分に発揮できます。

マリーチャーサナⅢの完成形と呼吸の入れ方

一度上へ伸び、深くねじったら両手を体の後ろで組む。胸の横と脇腹に呼吸を入れる。

マリーチャーサナⅢ
photos by  Shoko Matsuhashi 

マリーチャーサナⅢ 呼吸のためのポイント

1.左脚を立てて座り、坐骨は床につけたまま、 吸う息で背骨と背骨の間を開けるように背中を真っすぐ伸ばす。

マリーチャーサナⅢ
photos by  Shoko Matsuhashi 

2.吐く息で上体をねじり、右肘を左膝にかけ、左手を体の横に。視線を左に向けて5呼吸キープ。反対側も同様に。

POINT: 体全体をねじるように。足は軸足につけなくてもOK。

マリーチャーサナⅢ
photos by  Shoko Matsuhashi 

よくある間違い:腰が丸まりお腹がつぶれる

肘をかけることに集中すると骨盤が後傾。腹部がつまり、息も止まりやすい。

マリーチャーサナⅢ
photos by  Shoko Matsuhashi 

吉川めいさんからアドバイス「ポーズを長くキープして心地よさをチェックしよう」

理想はロングキープすること。体のどこにも違和感なく保てたら安定して快適な姿勢を維持できた証。

教えてくれたのは…吉川めい先生
アシュタンガヨガの創設者スリ・K・パタビ・ジョイス氏に師事。日本人女性初のアシュタンガヨガの正式指導資格を取得。アディダス契約ヨガトレーナー。東京・表参道でコンセプトスタジオ「veda」を主宰。

photos by Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Shinichi Yano(GOKO)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パリヴルッタトリコナーサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
マリーチャーサナⅢ
マリーチャーサナⅢ
マリーチャーサナⅢ
マリーチャーサナⅢ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する