ぽっこりお腹の原因?加齢で下垂した内臓位置を整えるヨガポーズとは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ぽっこりお腹の原因?加齢で下垂した内臓位置を整えるヨガポーズとは

筋肉の衰えや体型の変化、心の不調など、年齢を重ねると感じやすいお悩みをピックアップ。今回はぽっこりお腹の原因を解消するヨガポーズをご紹介します。

「内臓が下垂しているかも?」逆転ポーズで内臓を刺激しよう

「立位の開脚前屈」で内臓の位置を整えて腹筋も強化する

上半身を逆さまにすることで、重力で下垂した内臓を正しい位置に戻します。お腹を引き込むように腹筋を意識すると、内臓がより刺激され、引き上げる力もアップします。

HOW TO

1.両足を大きく開いて立ち、腰に両手をおく。お尻を突き出さないように背中を伸ばして。

両足を大きく開いて立ち、腰に両手をおく。お尻を突き出さないように背中を伸ばして。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

2.上体を前に倒す。かかととお尻の位置を変えないように、腹筋と脚力で体を支えて。

上体を前に倒す。かかととお尻の位置を変えないように、腹筋と脚力で体を支えて。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

3.両手を床につき5呼吸。腰は反らさずフラットのまま、お腹をぐっと引き込んで。

両手を床につき5呼吸。腰は反らさずフラットのまま、お腹をぐっと引き込んで。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

これもOK

腰が丸まったり膝が曲がるなら、無理して手を床につけようとせず、ブロックを使おう。

腰が丸まったり膝が曲がるなら、無理して手を床につけようとせず、ブロックを使おう。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

ポーズのための準備:安全に腿裏をストレッチ

1.ブロックに手をつき、膝を曲げて前屈。前腿を引き上げるイメージで膝を伸ばす。5回。

ブロックに手をつき、膝を曲げて前屈。前腿を引き上げるイメージで膝を伸ばす。5回。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

 

ブロックに手をつき、膝を曲げて前屈。前腿を引き上げるイメージで膝を伸ばす。5回。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

腹筋を使って下腹部を引き込もう
壁の前で長座になる。息を吸って上体を引き上げながら、お腹を引き込む練習を。5回行う。

壁の前で長座になる。息を吸って上体を引き上げながら、お腹を引き込む練習を。5回行う。
Photo by Nobuhiro Miyoshi
壁の前で長座になる。息を吸って上体を引き上げながら、お腹を引き込む練習を。5回行う。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

教えてくれたのは...HANAE先生
2006年ヨガと出会い、2010年からアシュタンガヨガを始める。2013年より現在の師であるクランティ氏のマイソールクラスアシスタントを務める。安定感のある指導と、初心者でもヨガの楽しさを感じられるクラスづくりに定評がある。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Text by Ayako Minato
MOOK『ヨガで変わる「今の体」』掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

両足を大きく開いて立ち、腰に両手をおく。お尻を突き出さないように背中を伸ばして。
上体を前に倒す。かかととお尻の位置を変えないように、腹筋と脚力で体を支えて。
両手を床につき5呼吸。腰は反らさずフラットのまま、お腹をぐっと引き込んで。
腰が丸まったり膝が曲がるなら、無理して手を床につけようとせず、ブロックを使おう。
ブロックに手をつき、膝を曲げて前屈。前腿を引き上げるイメージで膝を伸ばす。5回。
ブロックに手をつき、膝を曲げて前屈。前腿を引き上げるイメージで膝を伸ばす。5回。
壁の前で長座になる。息を吸って上体を引き上げながら、お腹を引き込む練習を。5回行う。
壁の前で長座になる。息を吸って上体を引き上げながら、お腹を引き込む練習を。5回行う。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する