蓄積された毒素を取り除くプログラムとは?【スリランカ「パンチャカルマ」体験レポート ♯5】

NOBUE SUZUKI

蓄積された毒素を取り除くプログラムとは?【スリランカ「パンチャカルマ」体験レポート ♯5】

鈴木伸枝
鈴木伸枝
2019-03-13

本誌『ヨガジャーナル日本版』でもお馴染みの人気ヨガティーチャー鈴木伸枝さんが、スリランカでアーユルヴェーダの解毒プログラム「パンチャカルマ」を体験。スリランカのアーユルヴェーダ事情はもちろん、施術の実体験を通して感じたこと、学んだこと、変化したことをレポートする人気連載! アーユルヴェーダに興味がある方、もっと深く知りたい方は必見です。

アーユルヴェーダ・トリートメントのメインプログラム「パンチャカルマ」とは

今回は、アーユルヴェーダ・トリートメントの中で一番重要なメインプログラム“パンチャカルマ”についてレポートしていきます。まず最初に、意外とまだ日本ではあまりきちんと紹介されていないアーユルヴェーダ・トリートメント・プログラムの“3つの段階”についてご紹介したいと思います。実は、本格的なアーユルヴェーダのトリートメントは次の3つの段階に分けて行われます。

まず第1段階が「プレパレーション・プログラム(準備のプログラム)」です。 これは第2段階のメインプログラム「パンチャカルマ」を身体に負担をかけることなく、かつ、その効果を最大限に引き出すための“心身の準備期間”です。これは通常、5~7日かけて行います。

その次の第2段階が「パンチャカルマ・プログラム(メインプログラム)」です。これも通常5日~7日間かけて行います。

そして最後の第3段階が「ポスト・プログラム(フォローアップのプログラム)」です。これは、パンチャカルマを受けて改善した心と身体のバランスを、プログラム終了後もしっかりと定着させ持続させるために、だいだい5日間~7日かけて行います。

これら3つの段階をしっかりと行うとなると、少なくとも通常は2週間~3週間の滞在期間が必要となります。最近、日本の女性たちがスリランカにアーユルヴェーダを受けに行き初めていますが、ほとんどの方が「プレパレーション・プログラム」を受けていらっしゃるようです。もちろん長期のお休みが取れないという事情はあるかと思いますが、可能であればメインプログラムであるパンチャカルマまでは受けることをおススメします。

その人の体調によってパンチャカルマまで行う日数は異なりますが、12日間~14日間あるとかなりの人がパンチャカルマまでできる可能性が高いようです。今回、私が12日間のプログラムにしたのは、「パンチャカルマまで受けて、本来の体の状態を知りたい、戻したい」と思ったからでした。

パンチャカルマ
初日に決めるトリートメントプログラム

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
パンチャカルマ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する