ベーシックなアーサナこそ大切に!いつまでも練習してほしいアーサナ3選

Getty Images

ベーシックなアーサナこそ大切に!いつまでも練習してほしいアーサナ3選

櫻井麻美
櫻井麻美
2018-10-12

ヨガを続けているとだんだん難しいポーズに挑戦する場面が増えてきます。でもちょっと待って!ベーシックなポーズをおろそかにしていませんか?基礎の練習でしっかり体の使い方をマスターすることでいろいろなアーサナを安全にとることができます。そんな大切な基礎を築けるアーサナを紹介します。

タダーサナ

タダーサナ
タダーサナ

立位の基本中の基本、タダーサナ。このアーサナには体軸を保つための要素がたくさん含まれています。ただ立っているだけのようですが、足の裏の重心の位置、骨盤を正しい位置に保つバンダの使い方、腹筋群・背筋群の使い方は様々なアーサナに応用できます。
背骨をまっすぐ保つ必要があるアーサナ全般にこの練習は欠かせません。まずはタダーサナでしっかりと軸を保つ練習をしてみましょう。アーサナの王様といわれるシールシャーサナ(ヘッドスタンド)も軸を保つことができないと腰が反れてしまったり、うまくキープができません。コツコツ基礎を大切に、上級アーサナの練習へと生かしましょう!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

タダーサナ
パスチモッターナーサナ
パスチモッターナーサナ
ベーシックなアーサナこそ大切に!いつまでも練習してほしいアーサナ3選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する