柔軟性アップ!前屈&開脚がラクになる3つのストレッチ

Kenji Yamada

柔軟性アップ!前屈&開脚がラクになる3つのストレッチ

「昔は硬かった...」というヨガティーチャーたちが、「これを試したら柔らかくなった!」という実践メソッドを大公開!第2弾は余裕の表情で立位の開脚を魅せる、人気ヨガインストラクターの西浦莉紗さんに教えてもらいました。

アクロヨギとして大活躍中の西浦さんですが、幼少期から柔軟は大の苦手。壁を使って開脚しながら眠るなど、試した柔軟方法は数知れず...。「小さい頃、通っていた体操教室でいちばん体が硬かったんです。『知識と努力が人を変える』と信じ、さまざまな練習をしてきました。無理なストレッチではなく、体の使い方を学んで適切に実践し続けた結果、徐々に柔らかく。体は応えてくれました

西浦莉紗
子どもの頃は電話中、壁を使った脚上げが日課! 股関節が硬くて一苦労……。(Photos by Kenji Yamada)

柔軟系ポーズに効く3つのワーク

こわばった部分をピンポイントでほぐすワーク。苦手意識を払拭してポーズの完成度を高めましょう。

その1:前屈ポーズは「緊張&弛緩」でこわばりを解消

筋弛緩法の原理で筋肉を緊張させた後、一気に弛緩させると筋肉がゆるみ前屈が深まります。

HOW TO
1.長座でお尻と太腿に力を入れる。できるところまで前屈し、その状態から上半身を後ろに引く。

西浦莉紗さんが前屈している
Photo by Kenji Yamada

2.息を吐いて一気に脱力。ゆるんだときに、痛みを感じない状態まで前屈。その位置から繰り返し行う。

西浦莉紗さんが前屈している
Photo by Kenji Yamada

その2:足首を柔らかくする「正座ひねり」でしゃがむポーズがラクに

老廃物がたまり硬くなりやすい足首にアプローチ。足首がほぐれると腓腹筋や股関節も柔らかくなります。

HOW TO
1.足の親指をつけて膝を開いて正座で準備。手は体の後方、おきやすい位置につく。

西浦莉紗さんがストレッチしている
Photo by Kenji Yamada

2.右手で左膝を持ち上げる。左手に体重をのせ、足の甲を床につけてひねり足首を刺激。反対側も。5呼吸ずつ行う。

西浦莉紗さんがストレッチしている
Photo by Kenji Yamada

Photos by Kenji Yamada
Text by Ai Kitabayasji
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

西浦莉紗さんが前屈している
西浦莉紗さんが前屈している
西浦莉紗さんがストレッチしている
西浦莉紗さんがストレッチしている
西浦莉紗さんがストレッチしている
西浦莉紗さんがストレッチしている
西浦莉紗さんがストレッチしている
西浦莉紗
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する