むくみ改善にも効果が|ゆっくり腰を下ろすだけ!股関節をほぐす簡単ワーク

Nobuhiro Miyosh(RELATION)

むくみ改善にも効果が|ゆっくり腰を下ろすだけ!股関節をほぐす簡単ワーク

硬くなりがちな股関節がほぐれると、力みがとれて開脚ポーズが上達したり、椅子のポーズで膝に負担がかかりにくくなります。さらに老廃物が流れて下半身の巡りが高まるなど、いいことがたくさん! 人気ヨガ講師の柳本和也先生に、とっても簡単なゆるませワークを教えてもらいました。

股関節を回転させ、深部までゆるめよう 

椅子のポーズには太腿を鍛える目的もありますが、股関節が硬いと太腿に必要以上の力が入り、膝に負担がかかります。股関節を回転させながらほぐすプラクティスで柔軟性を高め、下半身の動きを調整しましょう。

HOW TO

1.四つん這いになり、肩の真下に手、腰の真下に膝をセット。両膝を真横に、できるだけ大きく開く。

椅子のポーズの練習法
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.床についた両手を体に近づけながら、できるところまで腰を下ろし、5呼吸キープ。硬い人は初めのポーズでキープしてもOK。

椅子のポーズの練習法
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT
骨盤は正面、背中を少し丸めながら腰を下ろすと、股関節をしっかり開くことができる。あまり開かなくても左右の膝の角度は90度に保って。

これはNG

背中を反らして腰を下ろすと、骨盤が前傾してしまい、股関節に効かせられない。骨盤を真っすぐにして腰を下ろす動きを意識。

椅子のポーズの練習法
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

椅子のポーズの練習法
椅子のポーズの練習法
椅子のポーズの練習法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する