【腸活朝食】オーツと冷凍フルーツで簡単!食物繊維・ビタミン・ミネラル豊富「オーバーナイトオーツ」

photo by Ai Kawahara

【腸活朝食】オーツと冷凍フルーツで簡単!食物繊維・ビタミン・ミネラル豊富「オーバーナイトオーツ」

河原あい
河原あい
2022-08-28

寝苦しく起きることの多い夏。朝は何か口に入れたいけど、そんなに手間はかけたくない。毎日同じものばかり食べているので、たまにはおしゃれなものを食べたい...と思う方へ。前日の朝に仕込んでおけば朝が楽になる、調理時間5分のオーバーナイトオーツの夏レシピの紹介です。

朝起きると汗をかいてしまうほどに暑い夏の今日この頃。なんとなく疲れを感じている人もいませんか? 毎日の食事や生活習慣で体は作られており、日々元気に過ごすためにも、食事は重要なもの。とはいえ、夏は暑くて食欲が出ない...という方におすすめなのが、オーバーナイトオーツです。人間のエネルギー源となる炭水化物(糖質+食物繊維)を手軽にたくさん摂れるので、体の内側から綺麗になりたい方必見です。

オーバーナイトオーツとは?

overnight oats
photo by Ai Kawahara

オーバーナイトオーツとは、オートミール(オーツ麦)を牛乳、豆乳やアーモンドミルクなどに浸して一晩(Over night)冷蔵庫に置いて作るもの。オートミールは乾燥状態で売られており、ボソボソ感もある食材ですが、一晩置いておくことで水分を吸い込み、もちもちで柔らかい食感になります。前日寝る前5分ででき、仕込んでおくだけで翌日の準備も楽になるので、オーバーナイトオーツは朝時間のない人にもおすすめ。

オートミールは水溶性・不溶性の食物繊維がどちらもバランスよく含まれており、腸内環境を整えて腸内細菌を増やしてくれる、腸活で欠かせない食材です。基本は加熱や電子レンジで調理することが多いですが、オーバーナイトオーツであれば、冷蔵庫で放置しておくだけ。加熱のステップがないので、冷たい状態で食べられ、冷えた炭水化物に含まれる「レジスタントスターチ」も摂取できます。

※レジスタントスターチ...冷えた炭水化物に含まれる。食物繊維と同じような働きをし、腸内環境を整える手助けをしてくれる成分。

また、牛乳だけでなく植物性ミルクである豆乳やアーモンドミルクでも作ることができるので、ヴィーガンやベジタリアンの方でも美味しく召し上がりいただけます。

今回紹介するレシピでは、冷凍フルーツを使用することで誰でも簡単に作りやすいものとなりました。準備の時間は全部で5分程度。でもおしゃれに食べられ、朝から元気のもとであるエネルギー源やビタミン・ミネラルをたっぷり摂ることができるので、おすすめのレシピです。

夏のオーバーナイトオーツレシピ

overnight oats
photo by Ai Kawahara

材料

  • オートミール 30g

  • 豆乳 80ml

  • 冷凍マンゴー 40〜50g

  • 冷凍ベリー お好み

  • カカオニブ

  • ココナッツファイン

  • メープルシロップ

  • シナモン

作り方

①前日:オートミールと豆乳を混ぜておき、一晩冷蔵庫に入れておく。(朝30分〜1時間程度置いておくだけでもOK)

②朝、①を器に入れる。オートミールが豆乳を吸い込んで、ふっくらとしているので、軽く混ぜておく。

③お好みで冷凍のフルーツを盛る。夏はマンゴーやベリー系がおすすめ。

④お好みでカカオニブやココナッツファイン、メープルシロップをかけて完成。

overnight oats
photo by Ai Kawahara

夏は見た目に元気となるよう、鮮やかなオレンジの綺麗なマンゴーを使いましたが、冷凍フルーツは他にもパイナップルやバナナ、ブルーベリーなどもおすすめです。トッピングも、ココアパウダーとバナナのような違った雰囲気も楽しめ、汎用性のあるレシピなのでぜひ毎朝の朝食に取り入れてみてください!

AUTHOR

河原あい

河原あい

フリーランスライター。福岡出身。管理栄養士免許取得後、環境系大学院博士課程にて乳酸菌の研究中。プラントベース・ヴィーガンな栄養学、インナーケアに関する記事の執筆と、腸内環境を整えることの大切さをSNSにて発信している。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

overnight oats
overnight oats
overnight oats
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する