【翌朝の体が変わる】寝る前5分!座りっぱなしの日にしたい、全身をほぐす「たった1ポーズ」

【翌朝の体が変わる】寝る前5分!座りっぱなしの日にしたい、全身をほぐす「たった1ポーズ」

磯沙緒里
磯沙緒里
2022-08-03

デスクワークや育児など、1日中同じような姿勢で過ごした日は、身体の重さやむくみ、体が固まっているといった感じを持つことがありますよね。今回は、そんな1日の終わりにたった5分でできる、ほぐしストレッチをご紹介します。翌朝の体が全然違ってきますよ。

長時間同じ姿勢を続けた身体に起こる悪影響とは?

1日中座りっぱなしの日ってありますよね。中には「デスクワークで週に5日間座りっぱなし」という人も多いと思います。では、長時間同じ姿勢で過ごすと、私たちの身体にはどのような影響があるのでしょうか。

・全身の筋肉の強張りによる様々な部位のこりや張り

・関節の動きが悪くなることによる痛みや違和感

・血流が滞ることによる冷えやむくみ

・老廃物が蓄積される

・疲労感が抜けにくくなる

・リラックスしにくくなる

・睡眠の質が低下する

このような症状に当てはまるという人、多いのではないでしょうか。ひとつでも心当たりがある場合は、さっそく今日からケアを始めましょう!

寝る前のひと手間で身体は変わります

ケアはしたいけど、じっくり時間をつくれないこともありますよね。本来ならお仕事終わりの夜こそケアをしてほしいのですが、仕事で疲れ切った夜に長時間ケアをすることは難しいかもしれません。ストレッチやヨガなどは長時間やらないといけないと、思っている人も多いのですが、その結果、たまにしかケアをしないというのなら、1日5分でも毎日ケアしていく方が体にはいいのです。

寝る前5分にほぐしてほしい部位はこの2つ

座りっぱなしだった日の終わりに、時間がなくてもほぐしておきたい部位は以下の2つです。

・股関節

・お尻

これらは座りっぱなしだと少なからず固まってしまう部位です。ほぐしてから睡眠をとるのと、そうでないのとでは身体にとっては大きな違いがあります。毎日5分、最低ここだけでもほぐしてから休みましょう!

寝る前5分でできる簡単ストレッチ

時間がない中でも1ポーズだけ試してみたい場合は、こちらがおすすめめです。股関節、お尻のストレッチはもちろん、同時に腰のストレッチ、腹部のねじりも行うことができます。

1. 両膝を立てて座り、両手はお尻の後ろにつきます。膝は腰幅程度に開きましょう。

2. 膝を左右に数回倒しましょう。

3. 両膝を右側へ倒し、左手を床から離し、右手の左隣に着きます。腹部のねじれが心地よく感じられる程度に手の位置を調整しましょう。

4. 脚はそのままの状態で、息を吐きながら前屈します。腕を枕にして、その場で3〜5呼吸キープしましょう。

5. 反対側も同様に行います。

動画を見ながら一緒に5分動いてみましょう

もう少し動ける場合は、以下の動画を見ながら一緒にストレッチしてみましょう。このストレッチはテレビを見ながらの「ながらケア」でも、ヨガマットなどを敷かずにベッドの中で行ってもOKです。

AUTHOR

磯沙緒里

磯沙緒里

ヨガインストラクター。幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。学生時代にヨガに出合い、会社員生活のかたわら、国内外でさまざまなヨガを学び、本格的にその世界へと導かれてインストラクターに。現在は、スタイルに捉われずにヨガを楽しんでもらえるよう、様々なシチュエーチョンやオンラインでのレッスンも行う。雑誌やウェブなどのヨガコンテンツ監修のほか、大規模ヨガイベントプロデュースも手がける。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する