【腰痛持ち・反り腰さんにオススメ】姿勢がみるみる変わる「半分のカエルのポーズ」

AdobeStock/canva

【腰痛持ち・反り腰さんにオススメ】姿勢がみるみる変わる「半分のカエルのポーズ」

中村優希
中村優希
2022-05-31

女性に多く見られる反り腰さん。反り腰の姿勢を続けていると、腿の前側が張りやすく脚が太く見えたり、辛い腰痛などに繋がります。 反り腰を改善に効果的な半分のカエルのポーズをご紹介します。

反り腰とは

女性に多く見られますが、骨盤が前に傾き(前傾)背骨のカーブが大きくなっている状態のことをさします。本来は骨盤がニュートラルな位置にあり、その上にある背骨は自然なS字カーブを描くのですが、ヒールを履く機会が多い方や、ヒールを昔によく履いていたり、重心が爪先にかかることで骨盤が前に傾き(前傾)、それを体がバランスを取ろうとして腰が反り、胸を大きく開くことで反り腰の姿勢を作ります。

反り腰
イラストAC

この反り腰の姿勢は、爪先重心になることで日常生活の中で、腿の前側の筋肉ばかりが使われるため硬くなります。腿の前側の筋肉は4つの筋肉からなる大腿四頭筋という筋肉ですが、その中の真ん中にある大腿直筋という大きな筋肉は骨盤に付着しているため、腿前が硬くなることで骨盤が前に引っ張られて、前傾して反り腰の姿勢を作るのです。

反り腰を続けていると起きる不調

また反り腰の姿勢を続けていると、様々な不調に繋がります。

●腰痛

反り腰の姿勢は骨盤が前に傾くことで、大きく背骨のカーブを描くために、極端に腰に負荷がかかり辛い腰痛につながります。

●ぽっこりお腹

骨盤が前傾することでお腹の力は抜けた状態になりインナーマッスルが弱くなります。インナーマッスルが弱いと内臓を支える力が弱まり、内臓下垂からぽっこりお腹に繋がります。

●垂れ尻

反り腰の人は骨盤が前傾することで、歩く動作や立つ動作等で、腿の前側の筋肉ばかりが使われます。腿の裏側の筋肉はあまり使われず、お尻が垂れやすくなります。

●足が太くなる

反り腰の姿勢の方は、骨盤が前傾することで、前の腿側が張りやすく足が太くなってしまいます。

●むくみやすい

骨盤が前傾することで、股関節が詰まりやすくなります。股関節周りにはリンパ節が集中しているため、リンパの巡りが悪くなることで体のむくみに繋がります。

反り腰を改善する半分のカエルのポーズ

反り腰によって硬くなってしまった、腿の前側の筋肉を伸ばしてほぐし、前に傾いた骨盤を正しい位置に導いて姿勢改善へとつなげることで、反り腰によって起きる様々な不調を改善していきましょう。半分のカエルのポーズは、背筋も使うポーズなので背中の筋肉が強くなることで胸が開きやすくなり巻き肩や猫背の改善にも効果的なポーズです。

また、普段の心がけも姿勢改善にはとても重要なので、普段立っている時や歩いている時など、重心の掛け方を意識することも大切です。

〈やり方〉

①仰向けになり、足は腰幅くらいに開きます

反り腰

②左手を横向きに置き、右手で右足を掴みます

反り腰

③右足をお尻に近づけて、頭は腕の上に

反り腰

④ゆっくり呼吸します

⑤左腕を胸に近づけて、上体を起こします

反り腰

⑥ゆっくり呼吸します

反り腰

※反対も同様に行いましょう

Instagram:yuki.nakamura.yoga

AUTHOR

中村優希

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。 Lani yoga主宰

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

反り腰
反り腰
反り腰
反り腰
反り腰
反り腰
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する