血糖値やコレステロールを下げる日本の伝統食とは?【卒業・入学、新しい門出にぴったりの食事】

YOKO簡単お赤飯

血糖値やコレステロールを下げる日本の伝統食とは?【卒業・入学、新しい門出にぴったりの食事】

陽子
陽子
2022-03-19

こちらでは「からだと地球に優しいレシピ」を旬の野菜料理で連載しています。全て肉、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わないヴィーガン&グルテンフリー。美容や健康、環境のことが気になる方に、積極的に食べて欲しい野菜料理を、Vegan&Gluten-freeオンライン専門学校【ピアノスイーツジューンベリー】YOKOがご紹介。講師は獣医師、栄養学講師でもあり【カンタン!食べてきれい、健康になれる魔法のレシピ】をお伝えします。自身も3人子育てママでもあり、手軽さと栄養を重視!是非お試しください。 体に優しいことは地球にも優しい!そんなサステナブル生活を一緒に楽しんでいきましょう!

こんにちは。からだと地球に優しい【Vegan&Glutenfree料理オンライン専門学校】のYOKOです。旬の野菜・素材で美容と健康をすすめる「ヴィーガン&グルテンフリー簡単レシピ」をご紹介します!

YOKO

春の卒業シーズン真っ只中。幼稚園や小中学校・大学に大学院など「卒業」を迎えられているご家庭がたくさんおられると思います。

学校関係以外でも職場が変わったり、引っ越したりと忙しい時節でもあるでしょうか。私の大学恩師もちょうど退官されたところで、コロナ禍会いに行くことは厳しいのですが、心からのお祝いと感謝の気持ちを手紙やビデオレターで伝えました。

前向きな「さようなら」!

AC

年度が変わる、新しいことが始まる時期。自分や大切な方と「今までお疲れ様!」の気持ちを共有したいものです。不安な気持ちも入り混じる中、前向きに明るい気持ちを持って「今までありがとう」「さようなら」をしてみませんか。おうちでできる簡単レシピで、お祝いの席を盛り上げましょう。

日本の伝統食

日本では古くからお祝いの席にお赤飯が食べられてきました。「あずき(小豆)」の赤い色が邪気を払いうと信じられていたのです。あずきと共にご飯を炊くだけでほんのり赤く染まる、自然食。

YOKO

あずきは大豆などと同様にタンパク質が多く、ビタミンやカルシウムも豊富です。食物繊維においては、なんと大豆よりも多いくらい!1番の特徴は、サポニンというポリフェノールを含むこと。ポリフェノールは体の酸化を防ぎ、肝・腎臓といった内臓を元気にしてくれます。また、血糖値やコレステロールを下げることが期待され、気になる方は是非食べてほしい食材です。

最近は輸入も多いですが、せっかくなら日本の主な生産地、北海道のものを選んでみてくださいね。

血糖値もコレステロールも下げる日本の伝統食「赤飯」

YOKO簡単お赤飯

◉材料(4人分)

・餅米(うるち米でも)・・・2合

・水・・・米と同量

・乾燥小豆・・・50ml

・小豆用の水・・・100ml

・塩・・・小さじ1/2

◉作り方

1. 土鍋に小豆と小豆用の水を入れ、沸騰してから15分硬めに煮る

2. そこに洗った米と水、塩を入れ、中強火で10~12分煮てから蓋をしたまま5分蒸らせば完成

*小豆が硬ければ、水20mlを足してさらに5分火にかけてみてください

吹きこぼれを防ぐには、容量に余裕のある鍋を使うことがポイントです。ぜひお試しください。

AUTHOR

陽子

陽子

獣医師であり栄養学講師。京都市在住。 【Vegan&Glutenfree料理オンライン専門学校】を開設。 マンツーマンで「からだと地球に優しいパン・お菓子」を教えている。 おうちにいながらプロの栄養学が学べ、資格も取れるところが人気のヒミツ。 3人子育てママでもあり、開発するお手軽レシピは【食べてきれい、健康になれる幸せスイーツ】。特定原材料28品目不使用の完全アレルゲンフリーのケーキもワンボウルで作れるのはここだけ。 京都ならではのお豆腐やおから、抹茶スイーツなどで糖質オフ、コレステロールゼロ、良質なタンパク質などを叶えている。オートミールレシピやロースイーツも多数。衣食住にこだわりフェア、オーガニックでナチュラルな生活を実践している。男性やお子様も気兼ねなくどうぞ。 ※サスティナブルな教室として国連の掲げるSDGsに取り組んでいます ※ピアノ指導併設 ~簡単でおいしいレシピが知りたいと思ったら~ お問い合わせ、ご予約 ・公式LINE→https://lin.ee/wIP5cbTまたは@052buxlrで検索 ・mail:piano.sweets.juneberry@gmail.com

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

YOKO
AC
YOKO
YOKO簡単お赤飯
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する