アーユルヴェーダと腸の関係を紐解くと…アーユルヴェーダ的な腸の整え方

Photo by Chinh Le Duc on Unsplash

アーユルヴェーダと腸の関係を紐解くと…アーユルヴェーダ的な腸の整え方

健康意識が高まる中、ここ数年”腸”の健康が注目されるようになりました。実はインド・スリランカで生まれた伝統医学アーユルヴェーダでは、5000年前から腸の重要性が説かれていました。今回はアーユルヴェーダアドバイサーの筆者が、アーユルヴェーダ的な腸の整え方についてご紹介したいと思います。

アーユルヴェーダと腸活、どんな関係があるの?

Chelsea shapouri
Photo by Chelsea shapouri on Unsplash

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ」と聞くと多くの方がイメージするのが、オイルマッサージかもしれません。それはアーユルヴェーダのほんの一部。アーユルヴェーダは、インド・スリランカで民間療法として生まれた世界最古伝統医学です。その歴史は5000年にも及ぶと言われていて、世界保健機関WHOも認める世界三大医学の一つ。その医学的知見は、予防医学の面でも世界中から注目されてます。

アーユルヴェーダと腸活の関係

噛み砕いて言うと、アーユルヴェーダとは”体に毒を溜めない・体の毒を排出する”ということをとても大切にしています。

わたしたちは自然の一部なので、自然の影響を受けて生きいます。食べもの、環境、ライフスタイルなど…わたしたちの取り巻く自然あるものがわたしたちを作っていると言ってもよいのではないでしょうか。ここで注意したいのが、わたしたちの取り入れているものの中には「体にとって不要なもの」ももちろんあるということ。例えば、食べもので言えば、添加物や薬品を大量に添加された加工物や精製された砂糖など。また、仕事の関係でどうしても昼夜逆転生活している人も、不規則な生活から過度なストレスが溜まっていったり、疲労が溜まりやすいかもしれません。その他にも、職場や家庭でのトラブルなど、生きていれば数え切れないほどのストレスが”自然から”わたしたちにはかかります。

そうしたストレスは、わたしたちの体の中でうまく体の外に排出されれば良いのですが、見えないストレスに気づかずに知らぬ間に溜まっていくことも。すると、わたしたちは、最初の内は”なんとなくの不調”を感じるようになり、それがやがて病気に繋がってしまう可能性もあるのです。

AUTHOR

桑子麻衣子

桑子麻衣子

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘Emmaと夫と3人暮らし。妊娠、出産、育児を経験しヨガを深めたいとインスタクターの資格を取得。Webメディアを中心に記事を執筆しながら、人にも地球にも優しいサステイナブル(持続可能)な暮らしの実践を目指すウェブメディア「House of Emma」を運営。ヨガの教えに基づいた「誰でもどこでもできる」をキーワードに、それぞれの暮らしに寄り添ったエコフレンドリーなファッション、ビューティー、ライフスタイル、ヘルスケア、旅行の提案をしている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Chelsea shapouri
Hilary Hahn
 Edz Norton
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する