【柔軟性がある人こそ注意】体の柔らかさが関節を痛めるもとに?気をつけたい「伸ばしすぎ」

Adobe Stock

【柔軟性がある人こそ注意】体の柔らかさが関節を痛めるもとに?気をつけたい「伸ばしすぎ」

柔軟性があるとヨガのポーズをする上で有利なように思えますが、気をつけないと体を痛める原因にもなってしまいます。体が柔らかい人にありがちな関節の伸ばしすぎをしていないかチェックしてみましょう!

ポーズができているようで実は体に負担をかけている?

ヨガのポーズでは腕や脚をまっすぐ伸ばすことが多いですが、自分では気がつかないうちに必要以上に伸ばしてしまうことがあります。その時には不快感や痛みはなく「きちんとポーズをとっている」ように感じるかしれませんが実は体を痛めるやり方かもしれないということを知っておくことは大切です。

この「伸ばしすぎ」は過伸展(かしんてん)またはハイパーエクステションとよばれ、その部分の関節や靭帯に負担をかけてしまうものです。頑張ってポーズをとろうとする時や関節が柔らかい人に起こりやすいため注意が必要です。

ヨガポーズ
Photo by Dmitriy Frantsev on Unsplash

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガポーズ
肘の伸ばしすぎ
キャット&カウ
反り腰
三角のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する