【寝る前3分】食べすぎた日のリセットに!寝たままできるお腹スッキリ簡単ストレッチ

Adobe Stock

【寝る前3分】食べすぎた日のリセットに!寝たままできるお腹スッキリ簡単ストレッチ

須藤玲子
須藤玲子
2021-10-10

食欲の秋と言われるように、秋はおいしいものがたくさん!つい食べすぎてしまうこともあるでしょう。「お腹が苦しくて、このままじゃ寝られない!」今回は、そんな時におすすめのアフターケアの紹介です。胃腸の働きを活性化して食べすぎをなかったことにしちゃう、簡単なストレッチです。「時すでに遅し…。」と凹まずに、寝る前3分のアフターケアで、スッキリした朝を迎える準備をしませんか?

食べ過ぎたら必ずその日のうちにリセットを!

食べた内容にもよりますが、食べ過ぎた時は、塩分も同じように取りすぎている可能性があります。そのまま寝てしまうと、お腹が張る、気分がスッキリしない、胃が痛いなどの不調だけでなく、顔、手、脚など全身がむくんだ状態で朝を迎えることに…。お酒も飲んでいる場合はなおさらかもしれません。翌日の食事や過ごし方に気をつけることはもちろんですが、自ら不調の原因を作り出さないためにも、できるだけその日のうちにリセットすることが大切です。

食べすぎた日のアフターケア3つのポイントとは?

アフターケアにもやり方があります。まず次の3つのポイント確認しておきましょう。

1.苦しくても、すぐ横にならない

食べすぎてお腹が苦しい時は、座っていることすらつらいかもしれませんが、すぐに体を横にするのは避けましょう。胃に圧がかかり、胃酸が逆流する可能性があります。不快感が強くなるだけでなく、消化不良や胃もたれが余計ひどくなるケースも。出来れば食べた後15分~20分くらいは、座ったままお腹が落ち着くのを待ちましょう。

2.落ち着いたらまず歩く

お腹はパンパンだけど、少し落ち着いたかも…。そう思えたら、まず立ち上がり、歩くことから始めましょう。歩く動きは内臓にほどよい刺激を与え、消化を促してくれます。外食をした場合は、一駅だけでもいいので、ゆっくり散歩しながら帰宅するのがおすすめですよ。

3.動けるようになってからストレッチをはじめよう

大抵の場合、激しい動きはできないものの、食後1~2時間ぐらい経過すると楽になってくるはずです。動けそうだな…そう思えたら、消化力を高めるために、お腹のストレッチを始めるタイミングです!

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にスタジオ・オンラインにて活動中。リラックスからトレーニング系ヨガまで、静と動(陰と陽)のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマのある暮らしも提案する。RYT200/フェイシャルヨガTTC/骨盤底筋トレーニングヨガTTC/リストラティブヨガTTC/陰ヨガTTC/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

食べすぎをリセット!お腹のストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する