モデル伊藤ニーナが挑戦|やるとやらないでは大違い。コアトレ前に行うべき、たったひとつのこと

Photos by SHOKO MATSUHASHI

モデル伊藤ニーナが挑戦|やるとやらないでは大違い。コアトレ前に行うべき、たったひとつのこと

疲れた体でトレーニングを行ってませんか?「カチコチになった体をほぐすこと」たったこれだけで、驚くほどパフォーマンスに差が生まれますよ。

大切なのは、まず可動域を広げること

トレーニングは、まずヨガのポーズがベースのパフォーマンスアップ・ストレッチから始めること。体の可動域を広げることで、硬くなった筋肉や関節を十分にほぐすことができ、体の奥の体幹にアプローチしやすくなります。

可動域を広げる方法1:ヨガの基本、ダウンドッグで脚裏と腕を伸ばす

あ
(Photos by SHOKO MATSUHASHI)

HOW TO

四つん這いになり、手を肩幅、足を腰幅に開く。手のひらを広げ、床を強く押しながら、床から膝を上げ、お尻を天井方向に高く持ち上げる。膝をできるだけ伸ばし、かかとをゆっくり床に下ろしていく。サポーターがいる場合は、腰を脚の方向にゆっくり押してもらって。ダウンドッグの姿勢をとり、3〜5呼吸キープ。

ストレッチ効果

肩甲骨から二の腕、腿裏、ふくらはぎ

POINT

かかとが床につきにくい時は、両手を前方にずらす。

可動域を広げる方法2:硬くなりがちな太腿前面を三日月のポーズで柔軟に

あ
(Photos by SHOKO MATSUHASHI)

HOW TO

両足を前後に1〜1.2mほど開く。右脚の膝の真下にかかとをセットして膝を90度に曲げる。左脚を後ろに引き、膝を床につける。左脚の膝は、右脚のかかとの延長線上に。両手のひらを合わせて合掌し、左脚の太腿前面が伸びるように、天井に向かって腕を伸ばす。目線を指先に向けて、3〜5呼吸キープ。反対側も同様に行う。

ストレッチ効果

股関節、太腿前面

POINT

前の膝が左右に傾かないように正面で維持。

可動域を広げる方法3:動きが少なく縮まりやすい体側をじっくりストレッチ

あ
(Photos by SHOKO MATSUHASHI)

HOW TO

安楽座になり、左手を耳に当て指先は天井に。サポーターに右手を持ったまま左腕を上へ押してもらい、体側の伸びを感じながら3〜5呼吸キープ。反対側も同様に行う。股関節が床から浮く場合はサポーターに膝で脚を押さえてもらう。1人の時は安楽座から右脚を伸ばし、左手で右足の外側をつかむ「ねじった頭を膝につけるポーズ」を。

ストレッチ効果

脇から脇腹にかけての体側

POINT

床に垂直になるように骨盤を立たせる。

教えてくれたのは…池澤 智さん

トータル・ワークアウト代表取締役社長、兼パーソナル・トレーナー。2012~2015ミス・ユニバース・ジャパンオフィシャルトレーナーとして、ファイナリストたち46名のボディメイクを指導。

モデル…伊藤ニーナさん

女性誌『GINGER』スターオーディション・モデル部門でグランプリを受賞し、レギュラーモデルに抜擢。全国のマラソン大会に出場するなど、持ち前の運動神経の良さを生かし、幅広く活躍中。

ニーナさんのインスタグラムをチェック!

www.instagram.com/ninaitoh/?hl=ja

photos by Shoko Matsuhashi
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.43掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
モデル伊藤ニーナが挑戦|やるとやらないでは大違い。コアトレ前に行うべき、たったひとつのこと
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する