ウパニシャッド
Upanisad

奥義書。ヴェーダの付属文献のひとつ。次第に祭式から離れてその哲学的思想が重要性を増した。ヴェーダの最終部門であることからヴェーダンタとも呼ばれる。まとまった思想を体系化したものではないが、その主題はブラフマンとアートマンの一体性にある。

関連記事