【1日たった10回で効果あり】お腹と二の腕引き締め効果抜群トレーニング|少しハードに動きたい人に

Adobe Stock

【1日たった10回で効果あり】お腹と二の腕引き締め効果抜群トレーニング|少しハードに動きたい人に

時間もないし、毎日コツコツ頑張るのも苦手。そんな方でもOK、1日10回から始められるトレーニング方法をご紹介します。

お腹と一括りに言っても、おへそ下・脇腹など悩み箇所は様々です。特にお腹のどのあたりのお肉が気になるでしょうか?その部位に合ったトレーニングやストレッチを行わないと、なかなかスッキリした印象がつきにくいことも。しかし今回のトレーニングはお腹全体をカバーできる動きのため、どなたでもOK。特に下っ腹が気になる方は継続してやってみてくださいね。

二の腕に関しては、日常生活の中で上腕三頭筋を使う動作が少ないため、特に女性は脂肪がつきやすくポチャッとした印象になりがち。「押す」という動作を行うこのトレーニングでしっかり刺激を加えていきましょう。

お腹と二の腕をスッキリさせるために

今回は特に腹横筋・腹直筋・上腕三頭筋にアプローチしていきます。動きとしては上下運動なので難しくないのですが、最初は肘が外側に開きやすいかもしれません。肩甲骨を背骨に引き寄せる力を使ってあげましょう。そうすることで一緒に肩回りの血行も良くすることができます。

トレーニングのやり方

体を反らして上がるのではなく、真っすぐのまま上がれるように意識してみてくださいね。肘が開いていると痛めやすくなるので気を付けてください。

1.プランクポーズになります。両足裏で見えない壁を蹴るように、下半身にも体重を分散させてください。

1

2.吐く息とともにチャトランガになります。常に脇は閉めたままがポイント。肘が90度のところでストップしましょう。

2

3.吸う息とともに上体を元のプランクポーズに戻します。腹筋・上腕三頭筋を使ってください。

3

4.まずは10回繰り返します。きつすぎたら5回でもOK。体勢が崩れないように、プランクポーズのときに確認しながら行ってみてくださいね。

単純な動きだけど確実に効く

プランクポーズから体を上下に動かすだけなので、聞いているだけだと簡単そうに感じるかもしれませんが、いざやってみるときつい!となるかもしれません。プランクポーズだと体を元に戻せないかたは、両ひざをついた状態から練習してみるのをオススメします。呼吸は止めずに頑張って2か所一気に攻めていきましょう。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する