謙遜?卑下?「私なんて…」が口グセのインポスター症候群|自己評価が低い背景にあるものは

canva

謙遜?卑下?「私なんて…」が口グセのインポスター症候群|自己評価が低い背景にあるものは

南 舞
南 舞
2021-04-21

仕事やプライベートなどがうまくいっているように見える人ほど『私の実力ではない』『たまたま運が良かっただけ』っていうのが口グセだったりしませんか?

インポスター症候群とは?

こんなこと、当てはまりませんか?

・人から評価されることを避ける

・『能力がない』と人から見抜かれるのが怖い

・責任のある仕事を任されると逃げ出したくなったり、実際断ったりする

・会議など大人数の場では発言しないのに、1対1の打ち合わせだと良いアイデアを出す

・自分の考えではなく、相手の正解を探して答えるのがクセになっている

インポスター
当てはまりませんか?

このように、自分の能力や実績、成功体験を自分自身が認めることができない状態にあることを【インポスター症候群】とと呼ぶことがあります。インポスターには詐欺師や偽物といったような意味があり、『自分に能力があるわけではないのに周りは褒めてくれて、なんだか騙している気分…』という罪悪感の心理に陥りやすいということを表しています。インポスター症候群は病気・疾患ではないため、精神疾患の診断に用いられるDSM-5やICD-11には記載されておらず、診断されることもありませんが、カウンセリングの現場でもこうした訴えを聞くことは珍しいことではなく、罪悪感やネガティブな気持ちが強まりすぎると、抑うつや不適応状態を招いたりすることもあるので、注意が必要であると筆者は感じています。

AUTHOR

南 舞

南 舞

岩手県出身。多感な思春期時代に、臨床心理学の存在を知り、人の心に丁寧に寄り添っていくカウンセラーの仕事に憧れを抱く。臨床心理学、心理カウンセリングを学ぶために、大学院まで進み、「臨床心理士」資格を取得。現在は教育、企業にてカウンセラーとして活動中。ヨガとは学生時代にヨガスタジオの受付のアルバイトをしていた時に出会う。ヨガを始めたことで、身体が自由になっていく感覚に楽しさを感じたこと、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングの考え方と近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。普段のクラスでは、呼吸と身体を繋げ、人と比べず、自分らしくいれるようなヨガの時間を提供できるよう心がけている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

完璧主義
プロセス
インポスター
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する