【落ちにくい脇腹の脂肪に効かせる】脇肉を落として引き締める初心者向け簡単エクササイズ

Adobe Stock

【落ちにくい脇腹の脂肪に効かせる】脇肉を落として引き締める初心者向け簡単エクササイズ

須藤玲子
須藤玲子
2021-04-07

薄着の季節になりました。ゆったりスタイルの服装は楽でいいけれど、女性らしいくびれを意識した服装も楽しんで、おしゃれの幅を広げませんか?今回は、筋力や体力に自信のないトレーニングビギナーでもできる、くびれを作るエクササイズの紹介です。気持ちよく体を動かして、メリハリボディを目指しましょう。

くびれを作るために意識すべき筋肉とは?

くびれメイクのために意識したいのは、脇腹と背中の筋肉です。脇腹の筋肉と背中にある筋肉は連動しています。そのため、脇腹を引き締めるには、姿勢を保ちながら脇腹や体側に負荷をかける必要があります。また、表面にある筋肉だけでなく、深い呼吸をする時に働く、深層部のインナーマッスルを使うことも大切です。特に意識を向けたいのは、脇腹の深層部にある腹横筋です。この筋肉を鍛えると、お腹まわりの他の筋肉も内側へ引きこまれまるので、体幹を強くしながらくびれを作り、ほっそり見せる効果があるのです!

腹筋

くびれを作るエクササイズ

四つ這いで行うエクササイズを紹介します。姿勢がぶれにくく、比較的負担が軽いので、ビギナーでも大丈夫!脇腹の深層部に届くように、しっかり意識を向けて行います。基本からスタートし、慣れてきたら自分のペースで更に深めてみましょう。

くびれを作る、四つ這いのエクササイズ
四つ這いで行う脇腹を引き締めてくびれを作るエクササイズ/illustAC

基本のやり方

1.肩の真下に手、股関節の真下に膝をついた四つ這いの姿勢になり、背骨を伸ばす。

2.左膝を床から浮かせ90度くらいに曲げ、おへその高さでキープする。

3.吐く息で膝を左上腕に近づけ、吸う息で戻す。呼吸に合わせ10回程度繰り返す。

4.反対側も同様に行う。

エクササイズの深めかた

基本のエクササイズに慣れたら、もう少し深めてみましょう。ポイントは一つ!膝を腕に寄せる時に、後ろを振り返ること。視線を膝に向けるだけで脇腹の収縮が深まり、くびれ効果が上がります。内くるぶしを床に向け、膝が落ちすぎないように注意しながら行いましょう。

楽しんで続けよう!

脇腹の脂肪は一度ついてしまうと落としにくいと言われていますが、あきらめてはいけません。大丈夫!くびれは自分で作れます!今からコツコツとエクササイズを続けていくことで、夏までには女性らしい綺麗なくびれが生まれるはずです。今回はビギナー向けのエクササイズを紹介しましたが、慣れてくると物足りなさを感じるかもしれません。その時にはもう少しレベルアップしたトレーニングにも挑戦してみてくださいね。自分のペースに合わせて、楽しみながらボディメイクを続けましょう!

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

くびれを作る、四つ這いのエクササイズ
腹筋
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する