上体を反らすと痛い人はお腹の筋肉が硬い?硬いお腹をほぐす【1分間の筋膜リリース】

Adobe Stock

上体を反らすと痛い人はお腹の筋肉が硬い?硬いお腹をほぐす【1分間の筋膜リリース】

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-11-16

上半身を反らせるストレッチや、ヨガでいうところの「コブラのポーズ」「アッパードッグ」など上体を反らすポーズをするとき。体を反らすのが辛い、あるいは腰から反ってしまって腰が痛くなるといった経験はありませんか?上体を反らせないのは、背中が硬いからではなく、実はお腹が硬いことが原因かもしれません。

広告

背中を反らすのが辛い

背中を反らせる後屈と呼ばれるポーズは、腰痛を引き起こす原因にもなるため無理して行うことは避けたいポーズ群です。しかし、ヨガのレッスンでは、コブラのポーズアッパードッグバックベンドなど、背中を反らすポーズが多く登場します。後屈を深めるために腰回りや背中の筋肉をほぐそうと考える人は多いかもしれませんが、実はお腹の筋肉が原因で後屈がしづらくなっている可能性があります。

お腹が硬いと後屈できない?!

お腹の前面についている腹直筋という筋肉があります。この筋肉は恥骨から肋骨にかけてある筋肉で、腹筋のトレーニング等で使うほど筋肉が前屈方向に縮まるため、体の前面を伸ばす後屈の動きを制限してしまう可能性があります。体を反らすポーズがツライ、キツイと感じる時は、お腹周りの筋膜をリリースして体の前面を開きやすくしていきましょう。

腹直筋
鍛えるとシックスパックができるのが腹直筋

寝ながら1分!お腹の筋膜リリース

動画に合わせて1分、お腹を緩めましょう。動画ではヨガブロックを使っていますが、ボルスターや筋膜リリース用のローラー等、少し圧をかけられる身の回りのものを代用しても行えます。ビフォー・アフターの違いを感じるために、後屈のポーズを行ってから筋膜リリースを行い、その後にもう一度後屈を行ってみましょう。お腹を緩めるだけで、腰回りのつまりが緩んでいるのを感じられるでしょう。

注意:食後は避けて行いましょう。強く圧をかけすぎず、軽く押す程度でOK。強く行うほど効果が高まるわけではないので、リラックスして行いましょう。

ライター/伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学の知見を深め、ヨガ・ストレッチ・筋膜リリースを組み合わせた独自のエクササイズで痛みを克服。この経験をもとに「股関節ヨガ」というオリジナルメソッドにまとめ、「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるヨガを考案。股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。Instagram:@itokanayoga45

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腹直筋