免疫力の維持にも|アーユルヴェーダが重視する「消化力」を高める習慣とは

Getty Images

免疫力の維持にも|アーユルヴェーダが重視する「消化力」を高める習慣とは

HIKARU
HIKARU
2020-06-26

ヨガ講師でアーユルヴェーダカウンセラーとしても活動するHIKARU先生に、アーユルヴェーダの知恵を借りて、日々を心地よく過ごすヒントを教えていただきます。今回のテーマは「免疫力」について。

いつでも上げておきたい免疫力。免疫力に比例して、共にアップダウンするのは体力と消化力である、とアーユルヴェーダ では考えられています。今回は、日々の暮らしや食事の取り方に少し意識を向け、今持てる力を維持し、さらには力を高められる実践方法を紹介します。

"今日の消化力"を知るために

アーユルヴェーダは、消化についての学問と言っても過言ではないくらい、健康維持のために、そして力を保つためには消化力に目を向けることが大切です。個人差もありますが、年齢によって、季節によって、その日の心身の状態によって消化力はアップダウンします。まずは、今日の消化の力がどのような状態なのかを朝一番の舌の清掃でチェックしてみましょう。銀製、銅製のタングスクレーパーと呼ばれる器具で、舌の上に溜まった舌苔をこそげ落とします。前の日にいつもより遅い時間の夕食があったり、食べ過ぎ飲み過ぎをした次の日の朝には、たくさん舌苔が取れることでしょう。そんな朝は、きっとお腹も空いていないと思われます。胃腸の調子がお疲れ気味ですから、その日の朝食は軽めにするか、お白湯を飲んでランチまで様子を見ましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する