今日からすぐできる!ストレスに効く心理的リラクセーション法とは|臨床心理士が解説

Adobe Stock

今日からすぐできる!ストレスに効く心理的リラクセーション法とは|臨床心理士が解説

南 舞
南 舞
2020-05-12

心理カウンセリングといえば、心理カウンセラーとともに言葉と会話を使って行われるものというイメージが強いかもしれません。しかし、対面でのカウンセリングに加えて、ストレスに対するセルフケアの方法として身体からアプローチするリラクセーションを取り入れることがあります。心理学的に効果的だと実証され、今日からすぐにでも取り入れられるリラクセーション法を臨床心理士である筆者がお伝えします。

なぜリラクセーション法が必要なのか

職場、学校、家庭、様々なコミュニティなど、現代社会ではストレスにさらされる場面がたくさんあります。残念ながらそれらのストレスをなくすことはできません。しかし、ストレスと上手く付き合って行くことはできるって知っていますか?こうしたストレスと付き合っていくための取り組みは【ストレスマネジメント】と呼ばれ、文部科学省や厚生労働省でも推奨されています。ストレスマネジメントの中で大切だと言われていることのひとつが『ストレスの対処法を知る』こと。その中でリラクセーション法を実践することの大切さが明記されています。リラクセーション法が注目されているのは以下のような理由からです。

①    ストレス反応の軽減に対して即効性がある

②    リラックス反応を誘導し、ストレス反応の低減や心身の回復機能が向上する

③    継続して行うことでストレスへの免疫が高まる

また、言葉を通して行うカウンセリングに対して難しさを覚える方でも、身体を使うという点で少しハードルが下がるのと、リラクセーション法の中には自分で取り組みやすいメソッドが多いのも特徴。今回は【漸進的筋弛緩法】と呼ばれるメソッドをご紹介します。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

今日からすぐできる!ストレスに効く心理的リラクセーション法とは|臨床心理士が解説
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する