「タバコをやめることに焦点を当てない」禁煙・節煙方法とは#やめられない理由

Getty Images

「タバコをやめることに焦点を当てない」禁煙・節煙方法とは#やめられない理由

2020年4月1日から全面施行となった改正健康増進法を受け、喫煙所の設置や廃止を決めた企業や飲食店が増えています。一方で、コロナウイルス感染防止対策として自宅に滞在する時間が増えて喫煙時間が増えたという人もいるようです。「やめるということに焦点を当てない」禁煙・節煙方法とはどんなものなのでしょうか?

減少している喫煙率

2018年に制定された「健康増進法の一部を改正する法律」が2020年4月1日から全面施行となり、飲食店やオフィスなどの様々な施設が原則屋内禁煙になりました。技術的な基準を満たし、標識の提示がある場合は喫煙専用室での喫煙が可能になりますが、企業における健康経営や、顧客・社員へのWellbeingへの配慮などから、この機会に喫煙室を屋外に移したり廃止して全面禁煙にする企業や飲食店もあるようです。

2018年に実施されたJT全国喫煙者率調査によると、日本における成人喫煙率は男女全世代で10年前と比べて減少しており、2019年のWHOによる報告でも世界的に減少が見られます。

これまでは「依存症と言われても別にいい」「自分の人生は自分で決める」と開き直っていた喫煙者も、他者への受動喫煙への配慮や、タバコが吸いにくい環境の変化、一人、二人とタバコをやめていく周囲の人からの影響などによって「この際自分もやめようかな」と思っているかもしれません。しかし、喫煙本数を減らしたい・やめたいと思ったものの、いざ始めてみたらやめられない・やめても再喫煙してしまうという場合はどうすればいいでしょうか。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「タバコをやめることに焦点を当てない」禁煙・節煙方法とは#やめられない理由
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する