悪習慣は変えられる|自己破壊行動を断ち切るためのマインドフルネス

Getty Images

悪習慣は変えられる|自己破壊行動を断ち切るためのマインドフルネス

過食やスマホ依存などの悪習慣は、たった5分の練習で変えられる。

私たちの多くは、人は死んだらどうなるか、何が起きるのか?といった人生の謎、つまり実存的な問いに向き合うのが苦手だ。そして、先に待ち受ける不確かなものや恐れや不安を直視するかわりに、見ないようにするための習慣や行動を始める。

よくある行動としては、スマホで時間を潰したり、食べ過ぎたり、他人に注意を向けるなどの現実逃避だ。一時的な気分転換として功を奏す場合もあるが、それが優先されたり習慣化した状態は、内なる知恵への冒涜と言っていいだろう。良くないことと心の中ではわかっているのに、それでも追い求めるのだから。この状態は自己破壊(セルフサボタージュ)とも呼ばれる。

これらの自己破壊行動に気づくと、私たちはより健康的な道を選ぼうとするのだが、またそこで障壁に出くわす場合がある。例えば、よくない習慣を改めようと実行に移そうとすると、まず感じるのは自分自身の抵抗だ。なかなか行動に移せない時、私は一体何が起きているのかと分析してみる。その抵抗はまるで小さなモンスターのようなものだ。自分の中の自己破壊願望が、習慣を手放したり、進化に必要な行動を阻むのだ。

自己破壊行動に気づくための実践

・日々の生活で、内なる知恵の声を無視した行動はないだろうか? 例えば、夜更かしはどうか。

・夜更かしをするとどうなる? 日中に疲れていたり、集中力がなかったり、注意散漫になるだろう。

・健康的な結果につながる行動を一つ始めてみよう。例えば、夜10時に寝ると決めて、スマホにアラームをセットする。

・この行動を続けたら、どんな効果が期待できるか? おそらく、より生き生きとして、気分もさわやかになって、活力がわいてくる。

・具体的なメリットは? 気分が晴れたら、さらに多くのことを成し遂げられて、もっと日々に感謝したり、他の人とより多く過ごせるようになるだろう。

著者/コービー・コズロフスキ
スピーカー、ライフコーチトレーナー、ヨガと瞑想の指導者。 クリパルセンター・エサレン研究所でシニアティーチャー、プレゼンターを務めている。レスリー大学で現状変革型リーダーシップの修士号を取得。詳細は cobyk.com へ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

コービー・コズロフスキ著「One Degree Revolution」より抜粋
Copyright (c) 2019 by the author and reprinted by permission of St. Martin’s Essentials.
translation by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する