北海道でヨガ三昧な1カ月間を!大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターになろう

yoggy-institute

北海道でヨガ三昧な1カ月間を!大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターになろう

「自分のヨガのスキルアップのために」「将来、ヨガインストラクターになるために」と、最近ヨガインストラクターの資格を取得する人が増えてきています。大切なのは、「どこで」「誰から」ヨガと、ヨガインストラクターに必要な心得を学ぶのか。今回は、日本を代表するヨガマスターが全日程担当する、ヨギー・インスティテュートのRYT合宿をご紹介!

スポーツマインドが高まる2020年、ヨガインストラクターのニーズ増の予感!

健康志向の高まりから、日本のヨガ人口は年々増えてきています。とくに年齢・性別を問わずに始められるヨガは、スポーツの祭典が日本で開催される2020年、例年にも増して脚光を浴びそうです。そんな”ヨガ熱”の高まりを受けて注目されている資格が、世界最大規模のヨガ協会(全米ヨガアライアンス協会)が発行する「全米ヨガアライアンス認定200時間(Registered Yoga Teacher200、通称 RYT200)」。受講する人のモチベーションも、最近では「ヨガインストラクターになりたい」という方はもちろん、「もっと自分のヨガを深めたい」「ヨガを体系的に学びたい」と、さまざまな広がりを見せています。

大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターに
初級~中級者向けのクラス、またリラックスを目的とするクラスを教えられるインストラクターを目指す

 ヨガマスターから直接学ぶ! 短期集中の1カ月合宿コース

ヨガ、ピラティスをはじめ専門性の高いインストラクターを養成するための専門スクール「ヨギー・インスティテュート」では、このRYT200の取得を目指す短期合宿型コースを各地で開催。毎年恒例のアメリカ・ニューヨークでの開催に継ぎ、今年は高級リゾート地として注目される北海道・ニセコでの開催が決定しました。大自然に囲まれながら、24時間ヨガ三昧な時間を過ごし、1カ月で資格取得を目指します。

大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターに
ヤスシ先生による国内の長期滞在型のリトリートはこれが初! 全日程の講師を担当

なんと、今回のニセコ合宿では全日程を、『ヨガジャーナル日本版』でもおなじみのヤスシ先生(スタジオ・ヨギー エグゼクティブディレクター)が担当。長年ニューヨークに住み、最先端の近代ヨガを吸収し続けているヨガマスターから、直に学べるチャンスはそうありません。ヤスシ先生が、ヨガの基礎知識から解剖学、アーサナ、ティーチングスキルなど、インストラクターになるために必要な知識をわかりやすく解説してくれます。

大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターに
近年では世界各国から高級リゾート地として注目されているニセコ。アウトドアのアクティビティが存分に楽しめる

ヨガ+α(アルファ)の楽しみも盛りだくさん!

もちろん、ニセコ開催ならではの楽しみ方ができるのも、この合宿コースの魅力。期間中、土日は講義がお休みなので、トレッキングやお花見(開催時季の5月は北海道の桜シーズン!)、温泉なども近場で楽しめます。また、滞在するのは昨年、夏にオープンしたばかりのきれいな宿泊施設で、フィットネスジムやダイニングレストランも併設。ランドリーや自炊ができるキッチンエリアがあるため、ストレスなく長期滞在することが可能です。

大自然に囲まれた環境でヨガ三昧の日々。真摯にヨガと向き合い、自分を見つめ直すキッカケにもなる贅沢な1カ月間を、北海道で過ごしてみませんか?

短期集中全米ヨガアライアンス200時間コース(北海道ニセコ開催)

日程:2020 年 5 月 18 日(月)~6 月 11 日(木)※土日はプログラムはお休み

開催場所:北海道ニセコ「ミッドタウンニセコ」

料金:受講料 586,750 円(税抜)
※「ミッドタウンニセコ」宿泊費用25泊分(コース開始日の前日入り、コース最終日解散)、朝食代込

一時申込締切:2020年3月1日(日)

詳細はこちら!

text by ヨガジャーナル編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターに
大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターに
大自然に抱かれながら専門性の高いヨガインストラクターに
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する