更年期ののぼせ・ほてりを解消|陰陽バランスを整える3ステップ

Sayaka Ono

更年期ののぼせ・ほてりを解消|陰陽バランスを整える3ステップ

女性の30代後半~40代は更年期への移行期。心身の揺らぎケアとしておすすめなのが、自律神経にも通じる「陰陽のバランスを整えるメソッド」です。心身が興奮・緊張状態のときは「陰のポーズ」で鎮静し、心身がダウンしているときは「陽のポーズ」で活力をアップします。ポーズ前後の心身をじっくり観察し、変化を感じてみましょう。今回のテーマは、「のぼせ・ほてり」です。

のぼせ・ほてり対策に。陽の気を鎮静させて陰陽バランスを整えるメソッド

首から上に熱感を感じるのぼせ・ほてりは、体の陽エネルギーが上がって起こる更年期症状のひとつ。まずは呼吸を深め、涼しい空気を吸い込み、ほてった熱を吐き出すことで鎮静。さらに、自律神経の中枢が走る背骨を揺らし、交感・副交感神経を整えると、陰陽のバランスも整っていきます。

STEP1.シャヴァーサナ

ポーズの前後に約1分シャヴァーサナ。ほてった感覚→落ち着いた感覚などを観察。

更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
photo by Sayaka Ono

STEP2.イメージ呼吸法

1.まず、口を閉じ「ん~~」とハミングするように細く長く吐き切りながら振動を感じて。5~10呼吸。

更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
photo by Sayaka Ono

2.鼻からスーッと吸えるだけ涼しい空気を吸い込み、口から熱を吐き出すようにフーッとゆっくり吐き切る。5呼吸。

更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
鼻から吸い、口から吐く/photo by Sayaka Ono

STEP3.座位のキャット& カウ

1.両手を前で組み、吐きながら手先と背中で引っ張り合うように背骨をグーッと丸める。

更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
photo by Sayaka Ono

2.吸いながら肘を後ろに引き、前面を突き出す。背骨全体を使って反る。この動きの繰り返しを5~10回。

更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
photo by Sayaka Ono

終わったら、もう一度シャヴァーサナを行い、ポーズ前後の感覚を確認してみましょう!

教えてくれたのは…鈴木伸枝先生
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオRelease Space主宰。レッスンでは「自己調整力を引き出すヨガ」を伝えている。

photos by Sayaka Ono
text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
更年期の「のぼせ・ほてり」を解消|陰陽のバランスを整える3つの方法
更年期ののぼせ・ほてりを解消|陰陽バランスを整える3ステップ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する